創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

先人の知恵を活かそう

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

6c5edb907a143b886cbcc961b4e407b4_s

融資創業は誰にとっても未知の世界です。
見知らぬ土地に行く前に、交通手段や土地柄などを事前に調べるように、未知の世界である創業についても、可能な限り情報収集をしておくにこしたことはありません。
私は数多くの創業者とお会いしてきましたが、創業に向けしっかりと準備をしている人ほど、経験豊かな経営者や創業経験を持っている、いわゆる「先人」たちから、綿密に情報収集をしていました。

先人たちのサクセスストーリーを聞いて成功のイメージをつかむことも大切ですが、骨身に染みた失敗談や思い出すだけで辛くなるような苦労話を聞くことも、同じくらい重要です。創業後は、様々な苦難が襲いかかってきます。そんなときに、先人たちから聞いたことがあなたの助けになるに違いありません。

情報はいろいろなところから集めることができます。特に体験した人から直接得る情報は大きいものがあります。お酒の席や交流会で知り合った方から直接体験談を聞くこともできますし、起業セミナーに参加するのもよいでしょう。
また身近な人に起業した人がいれば、直接連絡を取り、体験談を聞いてみてはいかがでしょうか。連絡するときは聞きたいことをまとめておき、自分も創業を考えていてアドバイスをいただけたら、と誠実に気持ちを伝えることが大切です。創業への気持ちが真剣であることが伝われば、親身になって役立つアドバイスもしてもらえると思います。

著名な創業者の本を読んでみるのもおすすめです。例えば京セラを設立した稲盛和夫氏は経営に関する沢山の本を執筆しています。経営哲学のみならず、会計について分かりやすく語っている実学の書物もあり、様々な方面から役に立つ先人の知恵を得ることができます。
他にもホンダの創業者の本田宗一郎氏、パナソニックの松下幸之助氏、ソフトバンクの孫正義氏、海外ならアップルのスティーブジョブズ氏やマイクロソフトのビル ゲイツ氏に関する本など、トップ経営者の体験から出てきた言葉は含蓄があり、どの業種の人にも通じるような役に立つ知恵がつまっています。
また飲食店なら飲食店経営の体験談、書店なら書店経営の体験談といったように、自分の分野に近い業種の人の体験談を集めることも大切です。突き当たる問題が業種によって共通する面があるからです。また時代によっても状況は変わりますので、最新の情報を取り入れる努力も必要です。

沢山の情報を集めると、自ずと創業プランも立てやすくなります。いざ創業の意志がかたまったらぜひ日本政策金融公庫を利用することをおすすめします。
日本政策金融公庫は100%政府出資の金融機関です。公庫の国民生活事業では、一般の金融機関では受けにくい個人経営の起業資金の融資も新創業融資制度を利用すれば最大3000万円まで、無担保、さらに連帯保証人なしに受けることができます。

日本公庫では、創業された「先人」たちの成功談や苦労話などを盛り込んだ創業事例集を発行しています。ぜひご一読ください。

創業事例集などの創業のノウハウがつまった「創業資料」は  ≫≫≫   コチラ


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略