会社の決算時期

会計・ファイナンス

執筆者: ドリームゲート事務局

Q.会社の決算時期

会社の決算時期は、いつが良いのでしょうか?
 

A.回答

会社の決算時期をいつにしたら良いのかで迷っているのですね、以下、回答します。
①会社の決算月は自由に設定できます。
一般的には3月決算が多いので、「決算は3月にしなければ、いけないの?」と思っている方もおられると思います。でも、会社の決算月は自由です。何月に設定してもかまいません。1月決算、5月決算、8月決算、12月決算でも良いのです。

②事業年度で考えて設定します。
1月~12月、4月~3月等、1年間の事業年度を考えて決算月を決めます。区切りが良かったりするので、わかりやすいと感じる方もおります。

③売上がピークになる前月に設定します。
売上がピークになる月に決算月を設定しますと、利益も一番、多く上がることになります。そのため、会社には利益が残り、税金もその分、課税されます。
例えば、ケーキ屋さんでしたら、売り上げがピークになる12月ではなくて、11月にすれば、昨年の12月にあげたピークの利益をどう分配すればよいのかを考える余裕がでてきます。

④決算月は変更が可能です。
例えば、最初は決算を3月にしたけれど、なんかしっくりとこない。こんなときは、決算月を変更することができます。3月決算を2月や10月に変更することは可能です。尚、決算終了後2ヶ月以内に税務署へ法人税の申告、県税事務所、市町村役場へ
法人住民税の申告を行わなければならないので注意してください。
 
以上のことを踏まえて、決算月を何月にしたら良いのか?を考えてみてはいかがでしょうか。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める