経営戦略 Vol.87 合コン&バーベキューの「面倒くさい」をビジネスに!? 

経営改善・成長戦略

執筆者: ドリームゲート事務局

最近、「面倒くさい」を引き受けて、お金に換えるビジネスが目につきます。たとえば、 「合コンセッティングサービス」。店探しはもちろん、お相手まで手配してくれる便利な会社が出現しました(@_@。また、材料の手配から後片付けまでしてくれる「手ぶらでバーベキュー」も増えているようですが、ビジネスのひとつの切り口として、ストックしておきましょう。

合コンセッティングも「お任せ」の時代到来!?

最近、「サービス業も遂にここまで来たか!?」というビジネスが目に留まります。合コンセッティングサービス『コンパde恋プラン』を展開する株式会社グッドウィルサービスもそのひとつですが、サイトから希望の条件を入力するだけで、店選びはもちろんのこと、お相手のグループを選んで合コンをセッティングしてくれるという、“至れり尽くせり”な会社なのです。セッティング料として、男性は一人当たり3,500円、女性は1,000円が飲食代にプラスされるようですが、これでとかく面倒くさい幹事役から解放されるばかりか「好みの相手に出会えなかった」とか、「イマイチ盛り上がらなかった」とかいう参加者からの不満を仲間内で聴かなくて済むとなれば、案外お得かもしれませんね(*^_^*) さらに、「一人で合コンに参加したい」という希望も叶うようですから、お見合いパーティーと合コンの間を狙ったサービスなのかもしれません。

会社帰りにバーベキューができる時代に

一方、「手ぶらでバーベキュー」なるプランを採用するキャンプ場や公園も増えているようです。お台場の都立潮風公園では、会社帰りに立ち寄れば、準備された食材でバーベキューしながら、都会の夜景を眺めつつ、仲間と盛り上がれるようですよ!(^^)! もちろん後片付けも「お任せ」で、ひとり2,000円代のプランから揃っているというのですから、居酒屋気分で楽しめますよね。天気のいい日に屋外で食事をすると、ことのほか美味しく感じるものですが、「バーベキュー」となると、ちょっと敷居が高かったのも事実です。まず、道具をそろえるところから始まり、食材の調達や準備、もちろん火を起こしたり、付きっ切りで焼く係りも必要です。さらに後片付け…楽しいのはわかっていても、だんだん面倒になり、せっかく買った道具が物置きに眠っているご家庭も少なくないんじゃないでしょうか? さらに、人間の欲求はエスカレートしますから、最初のうちは肉を焼くだけで満足していた家族も、ピザは焼けないのか、スモークはできないかなど、しだいに高度な料理を要求されるようになってくるものです(>_<) こうなるともう、普通のお父さんの手には負えませんよね。

「面倒くさい」や「ストレス」をお金に換えるアイデア

この2つの事例は、結局のところ人間の「面倒くさい」という思いをお金に換えているわけです。同時に、参加者や家族からの不満や愚痴を回避する逃げ道にもなっています。つまり、これらのサービスを利用することで、ストレスから解放されるわけですね(*^^)v だからこそ、利用者は喜んでお金を払ってくれます。こんなふうに考えていくと、あなたの近くにも、こんな“キャッシュポイント”は眠っていないでしょうか? その昔から、ビジネス界では「面倒くさい」ことを一手に引受けた人に軍配が上がると決まっています。「あまりに面倒くさいこと」は、他社からの参入障壁にもなってくれるからです。この事例を参考に、自社にもできるビジネスアイデアはないか、楽しみながらアレコレ考えてみてください(@^^)/~~~

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める