個人事業と法人との違い



まず法人と個人事業との違いを理解しておくことが大切だ。

事業形態は、大きく「法人」と「個人事業」とに分かれる。

平成18年5月1日に施行された会社法で資本金の規制が撤廃されたため、資本金が1円でも会社が設立できるようになった。しかし、1円では会社は作れない。設立そのものでどうしても発生する費用がある。それでも、設立の敷居はずいぶんと下がったことは事実だ。

個人事業と法人の違い、メリット・デメリットを考える場合、大きく「開業手続き」「社会的信用度」「納める税金」「社会保険制度」という4つの視点で捉えると理解がしやすい。

(1)開業手続き上での個人と法人のメリット、デメリット
個人:メリット…税務署への開業届のみ(特別な手続きは不要)
法人:デメリット…定款作成、認証、法務局への登記申請及び税務署等への法人設立届等の手続きが必要

(2)社会的信用度のメリット、デメリット
法人:メリット…財務諸表をはじめとして、会社の経営状況をおしはかる指標があり、また会社法など法律の規制を受けることになる。そのため、個人事業に比べて法人のほうが社会的信用度は相対的に高いとされている。また金融機関からの融資や上場会社との取引という点でも、法人の方が有利に働く事が多いのが日本社会の現状である。

個人:デメリット…財務諸表等の公開義務や資本金といった概念がなく、一般的には社会的信用度を図る指標がない。そのため、法人に比べて個人事業の社会的信用度は相対的に低いとされている。

(3)税金面でのメリット、デメリット
下記のように、納める税金が異なる。

法人:メリット…法人税は様々な優遇政策もあり節税もしやすい。損をした場合は繰り越せる制度もある。

個人:デメリット…個人の所得税は累進課税であり、収入にもよるが法人税に比べて高くなる傾向にある。

(4)社会保険制度でのメリット、デメリット
個人:メリット…国民年金と国民健康保険に加入することになる。実質的にはこちらのほうが負担が少ない。

法人:デメリット…代表取締役や役員は、法人に使用されるものとして社会保険(厚生年金、健康保険)に加入することになる。
尚、国民年金は全国一律定額保険料であるのに対して、社会保険は会社からの報酬に応じて保険料が変わる仕組みになっている。

このようにメリット・デメリットが一長一短あり、一概にどちらが得で損とは言えない。強いて言えば、事業を大きくスタートさせようとすれば、社会的信用もあり税金面でのメリットが大きい法人ではじめるほうがメリットが大きく、まずは一人が生活できるレベルは十分といったスモールビジネスであれば、個人事業主からスタートしたほうがメリットがあるだろう。

その他、この分野に強い専門家を見る





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



個人と法人」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

固定資産管理には現場との連携が必須

"固定資産の管理は「固定資産台帳」で行います。請求書・見積書・仕様書などをチェックし、実際にその資産を使っている現場と連携しながら、購入、修繕、処分を確実に台帳に反映させます。  そして、期末時には必ず台帳と現物とを照合し、「台帳には載っているが現物はない」などの誤差がないかチェックを行います。誤差があれば原因を究明し、その結果を「固定資産除却損」などの勘定科目で決算書に反映させます。  期中にこの台帳の管理ができていないと、決算時に手間を取り作業を滞らせる結果となりますので、日々の管理が重要となってきます。"

...続きを読む

あやしい、隠れ家…

神田さんはあっちこっちでこの隠れ家の話をしますが、名刺にもその場所はないし、彼のホームページにもバーの話は載ってますが、住所や所在地はありません。神田さんの営業は「来て下さいよ。DM下さい。道案内しますから…」それだけ。まさしく、知ってる人だけが知ってるお店です。奥にはドラムやらキーボードがあって、遅くにはライブもあるらしいです。ギターが何本か並んでいたのですが、これは神田さんの趣味らしいです。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。