売買契約書



売買契約書とは、物(あるいはサービス)の売買の条件を書面にした契約書で、買う側の代金支払義務と目的物を引き渡してもらう権利、売る側の代金を受け取る権利と目的物を引き渡す義務を明記します。売買契約といっても物品以外、例えばインターネット上の稼働するシステムやコンピューター上で動作するソフトウェアのような目に見えないもの、対価を貰って行われるサービス全てが含まれます。

物を売ったり買ったりというのはビジネスの基本ですから、もっとも基本的な契約書であるともいえます。

売買契約を結ぶ場合には、以下の点に注意しましょう。

□相手はちゃんと義務(支払義務・物の引渡義務)を果たしてくれるか。
□目的物は、ちゃんと特定できているか。
□目的物の数量、価格などは決まっているか。
□納入時期、納入方法、納入場所、納入手続は決まっているか。
□所有権の移転の時期は決まっているか
□目的物の検査方法や検査の時期、検査の手続などは決まっているか。(検品、検収)
□目的物に欠陥があった場合の対応は決まっているか。(瑕疵担保)
□代金の支払の時期、方法などは決まっているか

これらの点は、売買契約書での最低限のチェックポイントです。もちろん、内容に応じてもっと細かい規定を定めることもあります。例えば、建築物などの売買で地震などの転載による被害があった場合の取り決め(危険負担)などです。

その他、この分野に強い専門家を見る



契約書トラブル。基礎知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

カッコイイ

若い頃って、昨日まで好きって思っていたことが今日は嫌いになっていたりしますよね。自分の好きと嫌いがわからないのに「自分らしい」なんて程遠いです。自分らしさを見つける為に「カッコイイ」を使ってみてはどう?ってみんなに提案してきました。最近、カッコイイって思ったこと、感じたことを上げてみて下さい。人でもモノでもコトでもなんでもいいです。僕らは意識していませんが、一人一人カッコイイのモノサシを持っていて、このモノサシで人やらモノやらを計っているようです。

...続きを読む

本を書こう!!

先週の土曜日に、名古屋で出版をテーマにしたパネルディスカッションがありました。今日のテーマは「本気で社長になりたい人のための出版利用術。こうすれば、売れる本を出版できる!」でした。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。