この記事はに専門家 によって監修されました。

法定休日労働とは何ですか?

人事・労務

執筆者: ドリームゲート事務局

Q.法定休日労働とは何ですか?

先日、従業員から、日曜日に出勤したときは、「法定休日労働」で割増率が高いのではないか、と言われました。
そもそも、「法定休日労働」とは何ですか?

A.回答

ご相談ありがとうございます。
「法定休日労働」とは日曜日の勤務に限定されるものではなく、労働基準法上の休日に勤務するものを言います。法定休日労働の割増率は3割5分以上です。
労働基準法35条1項は「使用者は労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない」、2項で「前項の規定は4週間に4日以上の休日を与える使用者については適用しない」となっています。
「法定休日労働」とは、この週1日、または、4週4日の休日に働くことで、週休2日制の場合は、1週間のうち1日休日があれば、法定休日労働とはなりません。
変形労働時間制を採用していなければ、週の労働時間が40時間を超えた時点で、通常の割り増し賃金は必要ですので、注意してください。この場合の割増率は2割5分以上です。

*******************
社会保険労務士金子事務所
特定社会保険労務士 金子 稔
〒196-0034
東京都昭島市玉川町1-3-1-719
TEL042-546-2765/FAX042-546-0131
E-mail:info@srkaneko.com
http://www.srkaneko.com

【無料】日本公庫発行の事業計画マニュアルをプレゼント

創業時の資金調達といえば、「日本政策金融公庫」。
ただいま資料請求をして頂いた方へ、累計発行部数が200万部を超える“創業応援セット”を差し上げています。

▼創業応援セットとは
・事業計画のたて方を網羅!創業の手引き
・先輩起業家のノウハウ満載!創業事例集
・ご利用いただける最新の融資情報

など、事業計画の立て方や資金調達成功事例をまとめた3冊をプレゼント。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める