無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

3Dプリンターでスマートなビジネスを実現しているベンチャーの事例

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

業界初!稼働率の低い全国の業務用3Dプリンターをネットワーク化。最短即日から3日で納品するサービス「3Day(スリーディ)プリンター」

更新日:2015年06月18日

3Dプリンター版のラクスル!? 安く・早く出力したい消費者から大人気 展開している事業・特徴 創業者の濱中氏は、実家がアパレル業を営んでおり、副代表の内野氏は、大学時代にフリーペーパービジネスの立ち上げを手がけていたため、起業すること自体に抵抗感はなかったそうだ。 代表の濱中は、大学卒業後はWebマーケティング会社に就職した。しかし、いきなり転機が訪れる。就職した年の年末に、勤務先が突然倒産してしまったのだ。途方に暮れた濱中氏は、次はどうしようかと考えた。そ ...続きを読む

独自の技術で3Dデータを10分で作成。1000社のクライアントを抱える3Dプリントベンチャー「株式会社アイジェット」

更新日:2015年01月22日

まだまだ未知数の3Dプリンティング業界。果たしてどうやって稼いでいるのか? 展開している事業内容・特徴 3Dプリンターといえば、近年急成長をしている業界の1つだ。2015年には3Dプリンターの国内出荷台数は10,000台を超えるとの予想もあり、2017年までに日本国内で年平均57.2パーセントの成長、グローバルでは年46.2パーセントで成長し、世界での年間出荷台数は32万台に達すると試算(※)もある。 ※)…矢野経済研究所「3Dプリンター世界市場に関する調査結果 2 ...続きを読む

国内3Dプリンタ市場の起爆剤!ジャパンメイドの超小型3Dプリンタ「BS01」が登場

更新日:2014年06月10日

クラウドファンディングで107人が出資し、集まった資金は総額で1000万円以上。超小型3Dプリンタが誕生 展開している事業内容・特徴 3DCADや3DCGデータを読み取り、3次元のオブジェクトを製造できる3Dプリンタ。3Dプリンタを用いれば、これまでは製造ラインでしか製造できなかった製品の部品などを、ユーザーが製造することも可能である。このことから、モノづくりのあり方とビジネスに変革をもたらす次世代テクノロジーとして、全世界で高い注目を浴びている。 マーケット規 ...続きを読む

イラストを登録するだけでフィギュアが完成!? 3Dプリンター×クラウドファンディングの「Okuyuki(オクユキ)」

更新日:2014年05月27日

専門知識は一切不要。二次元の“絵”から三次元の“モノ”が出来るドラえもんのポケット 展開している事業内容・特徴 平面に描かれたイラストを掲載するだけで、立体フィギュアが自動形成され送られてくるまるでドラえもんのポケットのような斬新サービスが登場した。サービス名は「Okuyuki(オクユキ)」。半年ほど前の2013年10月21日にローンチしたばかりだ。 利用方法は簡単。まず、ユーザはイラスト画像をアップロードして、フィギュア製作のプロジェクトを開始する。プロジェク ...続きを読む

日本初の3Dプリントものづくりマーケット「rinkak(リンカク)」がついにOPEN。

更新日:2013年09月19日

3Dデータをアップロードして商品を出品。注文が入ると製造・発送をする、まったく新しいマーケットプレイスがついに登場! 展開している事業内容・特徴  最近、3Dプリンターというキーワードを目にすることが多い。業務用だと数百万円から数千万円とまだまだ高額だが、家庭用であれば10万円台の3Dプリンターが家電量販店で売られている。また、3Dプリントの代行を行う会社も急増中だ。しかし、この分野では米国がかなり先行しており、3D systems社、Stratasys(ストラタシス ...続きを読む

5件中 1-5件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.