無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

メーカーでスマートなビジネスを実現しているベンチャーの事例

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

日本産・世界初の“目覚まし”ガジェットが話題!町工場の志を継ぐ、ものづくりベンチャー

更新日:2016年11月29日

スマホやタブレット、ウェアラブルデバイス――ガジェットやIoTがどんなに進化しようとも、「だるい寝起きの解消」「気持ちよい目覚め」は解決しがたいテーマ。ちなみに、「朝起きられない」「だるい」といったその原因は、主に、深い睡眠からむりやり起きたことによる“睡眠慣性”にある。その解消に有効なのが、実は太陽光なのだ。 そして今、快適な目覚めを求めている人々から注目を集めているのが、世界初のスマホ連動型カーテン自動開閉機「めざましカーテン mornin'(モーニン)」。 ...続きを読む

野菜からつくるナチュラルなクレヨン。安心・安全を掲げて累計6万セットを販売

更新日:2016年11月24日

きゃべつ、りんご、ながいも、雪にんじん、カシス……これらはすべて、色の名前。本物の野菜、果物を素材に使い、自然そのままの色合いを表現するのが「おやさいクレヨンStandard」だ。クレヨンのつなぎに必須となる油分には、米ぬか由来のライスワックスを使用。石油系、動物系が用いられる通常のクレヨンとは一線を画し、子どもが口にしても安心・安全な製品としてアピールしている。 開発したのは青森市に本社を構えるmizuiro株式会社。代表の木村尚子さんは、青森県を拠点にデザイ ...続きを読む

ウガンダと日本、1万キロを超えた母娘による起業。アフリカから世界に発信するトラベルバッグブランド

更新日:2016年11月17日

売り場のなかでひと際目をひく鮮やかな色柄のバッグ。思わず手に取ってみると「そのバッグ、トート・ショルダー・クラッチ・ハンドバッグと、使い方が4とおりあるんですよ」と店員さんが説明してくれた。「実は、これはウガンダに住むシングルマザーたちのハンドメイドなんです」。 株式会社RICCI EVERYDAYが展開する「アケロバッグ 4WAY」(税込1万800円)の店頭でのシーンだ。色鮮やかな柄の正体は、アフリカン・ワックスプリント。明るい太陽に映えそうな元気な色と日本で ...続きを読む

世界初の金属アレルギー対応ヘアピンから、日本人の約3人に1人の悩み解消を目指す!

更新日:2016年10月20日

現代社会において、様々なアレルギーに苦しむ人は非常に多い。なかでも、金属アレルギーをもつ人は増えており、一説によると日本人の約3人に1人が患っているともいわれている。そんな人々の悩みを解決したい――との思いから、世界初の金属アレルギー対応チタンヘアピンを開発・販売しているのが、MASJapan株式会社である。 MASJapanの代表を務める鈴木久子氏によると、同社が開発した「チタンヘアピン」の最大の特徴は、金属アレルギーの主な原因である金属イオンの溶け出しがほと ...続きを読む

飛騨高山の山中に、“香る”宝の山を発見!純国産のアロマオイルを届ける正プラス

更新日:2016年10月18日

アロマセラピーにアロマオイルなど、「香り」に着目した療法、そして入浴剤や化粧品などの関連商品は一大マーケットを形成している。国内のアロマテラピー製品の市場規模は約249億円(2011年)だが、それら「アロマ」商品の多くは化学で合成されたもの。純粋に植物から抽出された、混じりけのない精油(エッセンシャルオイル)は、流通量および価格の問題からごく少数に過ぎない。多くは海外産で、産地や精製経路(トレーサビリティ)が明らかではないものが9割以上を占めるという。 そんな状 ...続きを読む

創業265年の日本画用絵の具メーカーが、「胡粉ネイル」で経営難から起死回生!

更新日:2016年09月29日

日本画や日本人形の絵付けなどに用いられる、胡粉(ごふん)。この胡粉を原料に使用した「胡粉ネイル」というマニュキュアをヒットさせているのが、上羽絵惣(うえばえそう)株式会社だ。 マニキュアは通常、シンナー系有機溶剤が使われている。マニキュアを落とす際もアセトン系の除光液が使われる。そのため、特有の刺激臭があり、それが体に合わない人や病人、妊婦など使用を控える人も少なくない。 しかし、「胡粉ネイル」は、天然素材であるホタテ貝の貝殻からつくられる胡粉を使用してお ...続きを読む

58歳の女性の挑戦が予想を超える大反響!世界初のソフトコンタクトレンズ着脱器具

更新日:2016年08月02日

世界で唯一のソフトコンタクトレンズ付け外し器具「meruru(メルル)」を展開する株式会社メディトレック。独自開発のシリコン製ピンセットとスティックにより、指で触れずにレンズの付け外しができるため、安全、清潔。コンタクト初心者やネイルなどで付け外しに困っている人の間で、この商品が大人気となっている。 1セットの価格は1980円。2013年6月に発売されてから3年が経ち、現在はコンスタントに月間約2300個を売り上げるヒット商品に成長している。2016年7月期の年 ...続きを読む

途絶えかけていた日本の伝統を復活させた、帆前掛け専門店「エニシング」の挑戦

更新日:2016年07月26日

その昔、江戸時代から、多くの酒屋さんやお米屋さんが身につけていた藍色の前掛けをご存じだろうか。これを今、国内の人気ラーメン店にフラワーショップ、果てはニューヨークの日本食店などがユニフォームとして採用。また、国内の若い世代のユーザーや外国人観光客のお土産としても、人気のアイテムとなっている。 厚手の前掛けをしていれば足の上に熱い鍋をのせても平気だし、骨盤あたりに紐を回しキュッとしめると腰が安定する。汚れ防止だけではく、様々な機能、デザイン性が見直され、ファンが増 ...続きを読む

「左官」の無限の可能性を伝える、「SAKAN LIBRARY」が密かな人気!

更新日:2016年06月07日

近年、DIYを趣味にする人が多くなったこともあり、日本の伝統技術である「左官」が再び注目を集めている。そんな中、2015年8月に、業界でもめずらしい左官のショールーム「SAKAN LIBRARY」をスタートしたのが原田左官工業所だ。 「SAKAN LIBRARY」のコンセプトは“左官の図書館”。左官素材や表現方法のサンプルを常時100種類以上展示。左官関連の書籍や製品カタログも充実している。また、内装の床や壁にも「研ぎ出し」や「洗い出し」、「版築仕上げ」「コンク ...続きを読む

建設現場などで導入が進むスマートグラス「Telepathy Jumper」で世界に挑む!起業家と連携して新市場創出を目指す「テレパシージャパン」

更新日:2016年01月21日

「Telepathy Jumper(テレパシー・ジャンパー)」というアイウェア型のウェラブルデバイスをご存じだろうか。ドラゴンボールに出てくるスカウンターのような外見で、ディスプレイユニットとコントロールユニットを首にかけて使用する。開発・販売しているのは株式会社テレパシージャパンというベンチャー企業だ。 2013年7月に創業され、およそ2年の開発期間を経て2015年6月にTelepathy Jumperの販売を開始した。 同製品は販売にあたり、約60社に ...続きを読む

1 / 41234
35件中 1-10件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.