無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

ドローン・ロボットでスマートなビジネスを実現しているベンチャーの事例

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

世界初の室内用ドローンメーカーは、“組み込み技術”をベースに飛躍する!

更新日:2017年02月14日

次世代ビジネスの有望格として大手、ベンチャーを問わず参入業者が続出しているドローン関連マーケットだが、安全性やプライバシーなどの課題があるのも事実だ。そんななか、安全な屋内型ドローンを開発しているのがドローンワークス株式会社である。 同社が開発・販売する「エアコクーン」(350万円~)は、プロペラを含む機体全体がバルーンで覆われたユニークな形状。バルーンにはヘリウムガスを用いており、ふわふわと浮遊しながら屋内を飛行する。万が一、モーターが停止したとしても急激に落 ...続きを読む

オフィスのルーティン作業を代行するロボット「RoboStaff」

更新日:2016年01月12日

今回紹介するのは、PCでスタッフが日々行っているルーティン業務の負担を軽減してくれるサービス「Robo Staff(ロボ・スタッフ)」だ。 同サービスの提供元は株式会社Sprout upで、ベースとなるロボットを動かすシステムは株式会社ビズロボジャパン社のもの。両社の協業プロジェクトとして2015年12月14日にリリースされた。 同サービス内容を一言で説明すると、PCのブラウザやExcel、データベース操作などを自動化してくれるというもの。使い方は簡単で、 ...続きを読む

ドローンの安全技術・インフラ構築に特化。日本のドローン産業の発展に貢献するベンチャー「ブルーイノベーション」。

更新日:2015年10月20日

ブルーイノベーション社の前身である有限会社アイコムネットの設立は1999年6月と古い。 もともとは熊田 貴之氏の父親が有限会社アイコムネットとして設立、熊田 貴之氏がまだ学生だったころ学費や生活費を稼ぐために、有限会社アイコムネットの名義で、自身の仕事を受けはじめたのが、はじまりである。 熊田 貴之氏は2004年3月に日本大学 大学院の博士課程を修了し、工学博士を取得。専門は海岸侵食対策などの防災工学分野だ。海岸地形の調査コストを下げたいということで、無人 ...続きを読む

ロボット格闘競技大会のシミュレーション部門で2度優勝したエンジニアが起こした、ソフトからハードまでワンストップで「ロボット開発」を提供するベンチャー「株式会社テクノロード」。

更新日:2014年12月04日

つくば科学万博の1985年、アイボ、アシモが登場した1999年から2000年、そして2005年の愛・地球博などのロボットブームに続いて、2014年、4度目ともいえるブームが到来している。きっかけは2013年。東日本大震災を受けて、アメリカの軍事技術の研究・開発を行う、DARPA(国防高等研究局)が主催した「DARPAロボティクスチャレンジ」で優勝した日本のチーム。がれき等の障害物除去などの競技で優劣を競う、災害救助用ロボット競技大会で栄えある1位に輝いたのは、東大発ロ ...続きを読む

4件中 1-4件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.