出資の履行



定款の認証が終わると、次は出資の履行へと移る。これは簡単に言えば、金銭(資本金)の全額を払い込むことだ。また現物出資などで金銭以外のものがある場合は、その財産の全部を給付しなければならない。

金銭銭の払込み場所(払込機関)は、銀行や信用金庫等にする。預金通帳の名義人は払込みを受ける地位にある者であり、設立中の会社を代表する発起人代表の名義となる。発起人代表が新たに口座を開設しても良いし、発起人代表の持っている既存の個人用口座でも差し支えない。ただしまだ法人ができていないので、あくまで個人口座になる。

発起人代表の口座に一定の残高がある場合、中には出資の払込みをしなくて良いと勘違いしていることもある。しかし実際には、預金残高が会社設立の出資金として払い込まれたものかどうか判明しないため出資金以上の残高がある場合でも発起人代表自身の出資金振込みを行うことが必要となる。登記申請にあたり、この預金通帳のコピーを提出することとなるが、そこでチェックされるのは残高ではなくて入金履歴の方なのである。そして注意点として、この出資の履行は定款の作成日以降に行う必要があることも覚えておきたい。

その他、この分野に強い専門家を見る



出資・登記」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

開店販促の必須アイテム1 DMとショップカード・名刺

今回は開店が決まったら最初に作りたいDMとショップカード・名刺について、販促時期は?予算は?どうやってつくる?気になるロゴのことなど具体的に考えていきます。 ショップカード&名刺が力を発揮するのは、オープン前とオープン直後です。

...続きを読む

学習テーマ【商品選びと販路選び】

"販路の探しやすさ、多さで商品を決める 商品をガチガチに決めてしまうと、販路はおのずと限定されてしまう。だから反対に有望な販路を先に探し、そのルートに乗せやすいように商品を選択する、あるいは絞る、または既存商品の一部を改良する、という考え方のほうが事業を軌道に乗せやすいのだ。 "

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。