クリーニング店を開業するのに必要な許可



■根拠法令・概要
クリーニング店を開業するには、クリーニング業法に基づいて都道府県知事(保険所)への届出が必要となる。

■許可要件
・クリーニング師の資格を持った人を、店に1人以上置くこと
・業務用の機会として洗濯機・脱水機を、少なくとも一台設置すること
※クリーニング師試験には筆記試験と実地試験があり、合格率は6割程となっている

■参考リンク
クリーニング業法
東京福祉保健局 l

その他、この分野に強い専門家を見る



許認可一覧」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

継ぐって大変なんやから…

悩んでいる社長に言います。「今、創業社長が生きていたら、この状況をどう思うかな?どうするかな?案外、あっさり、やめて新しいこと始めたりして…」僕がこう言って、「それはないです…」って答える社長はいません。みなさん、なんとなくうなずいています。自分で始めたもんは辞めやすいけど、継いだもんは…ってことだと思うのですが、そしたら、創業した社長はそう思っているでしょうか。きっと、違います。若き後継者に今を辞めて、次へのチャレンジを期待しています。

...続きを読む

実践と研究の衝突

研究者やコンサルタントは起業家の経験値を研究し、理論に落とし込みます。実践を研究し、研究を実践に落とし込み、実践と研究から答えを見つける。この作業がベンチャービジネスを学ぶと言うことです。研究の為の研究ではなく、実践に戻すことで、実業に役に立つことが私たちの目的です。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。