起業・経営FAQ:理容業で店舗を購入したい

経営改善・成長戦略

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

親から理容店を引き継いで2年ほど経営しております。
店舗は雑居ビル内のテナントとして営業しており、住まいはアパートを借りている状況です。
店舗とアパートの家賃、お客様用に借りている駐車場の費用を抑えるために、店舗兼住居を購入したいと考えています。
しかし現在の収入を考えると住居購入の融資を受けるのは厳しそうです。

返済計画は、1ヶ月の来客数を150人、客単価を3000円と設定すれば売り上げは45万。
年間で540万の売り上げになります。
返済は年間で180万、1ヶ月15万は返済できる計算になります。
現在資金は300万しかありません。行き詰まった状況を打破するためにアドバイスをお願いします。

回答

ず、店舗付住宅の購入についてですが、経営を考えるとコストダウンできる選択だと思います。
ただし、立地が間違いなく、10年以上はそこで繁盛できるという自信がもてる立地でしょうか。
買うことのデメリットは簡単に移動できないことですので、ローンを背負っている人にとっては大きなリスクです。

そして住宅ローンですが、大変利用しやすく有利な融資ですから、これを事業に活用すると言うのも良いアイデアだと思います。
しかし、開業後3年の実績と返済比率が3割以下(45万の月収なら13.5万円まで借りれる)という制限があります。
現状で月15万の固定した返済を負うのは厳しい現状のようですね。
自己資金の300万はいざと言うときの生活資金です。
平凡な回答になってしまいますが、やはり経営を改善することが一番の解決と言えます。
まず売り上げを伸ばしましょう。そのためには月の客数を増やすことです。
店の内装、店員の服装、お客さんへの演出効果は工夫されているでしょうか。
理容業界は保守的な固定観念にとらわれがちです。
ですが、場所があれば大きな投資をしなくても腕だけで稼げる素晴らしいご商売です。
今日よりも良い経営をするために、経営者の考え方、創意工夫、そしてふさわしい人の助言を求める努力をしましょう。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める