雑誌への広告掲載について

営業・マーケティング

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

雑誌に広告を掲載したいのですが、どうしたらよいでしょうか?
出版社にに直接依頼するよりも、いくつかの広告代理店に依頼して見積もりの比較をした方がよいのでしょうか?

回答

雑誌に広告を掲載するには、基本は広告代理店に依頼することになります。
というのは広告掲載する際に発生する、「新規広告主の審査」「広告原稿制作」「原稿審査」 「広告掲載料請求・回収」「掲載誌確認」などの作業を出版社はやりたくないからです。 また掲載料の回収に不安がないのが一番だといわれます。
掲載料は同じ雑誌であればどの代理店に依頼しても基本的に料金は同じです。 出版社の広告料金表通りになります。 代理店は出版社からもらう15-20%が相場のマージン(手数料)を得ています。例えば、 50万円の広告掲載料でマージン20%の場合では、広告主は50万を代理店に支払い、代理店は 10万を取り、40万を出版社に支払います。 代理店が取り分の10万を5万でいいよ。となれば 広告主は45万の支払いで済みます。 いわゆる、値引きですね。
値引きはどんな商売でも同じですが、ボリューム ディスカウントだったり、人間関係などによります。 何社かに見積依頼するよりも1社を決め、その代理店と 値引き交渉した方がよいでしょう。 原稿制作も同じ代理店であれば値引き交渉しやすいかもしれません。

広告代理店ではすべての雑誌を扱っています。 代理店の探し方ですが、会社の近くの代理店や有名な代理店に依頼するほうほうもありますが、一番多いのは出版社に代理店を紹介してもらうことだと思います。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める