【税務】役員の借上げ社宅について

税務、税理士についてのFAQ

Q.【税務】役員の借上げ社宅について

役員へ借上げ社宅を提供することは、税務上、問題になりますか。
 

A.回答

税務上、問題が生じないよう役員へ借上げ社宅を提供する方法があります。 まず、会社が賃貸借契約を結び、家賃を支払います。ただし、全くの無償貸付けでは役員給与と認定される問題が出てきます。 そこで、家賃の一部は役員が負担して徴収すれば、差額は、会社の経費とすることができます。 家賃金額について、お悩みの方は「無料メール相談」からお問い合せください。