合同会社で設立?

知らなきゃ損する会社設立時の注意事項

Q.合同会社で設立?

合同会社での設立を考えていますが、いまいち株式会社との違いがわかりません。
結局のところ何が違うのでしょうか?
 

A.回答

 最近、弊社に来られるお客様で合同会社に関する質問が多くなってきました。
以前よりも合同会社に対する認知度が上がってきたのかもしれません。
そこで、よくある質問としては合同会社と株式会社は結局は、何が違うのでしょうか?という質問をよく受けます。

一番お客様にとっての違いは、費用面だと思います。

合同会社は、設立時にかかってくる費用は最低10万円(登録免許税と印紙代)で済みます。
それに対して、株式会社は約24万円(登録免許税と印紙代と認証手数料)もかかってきます。

設立費用は、約14万円違うことになります。

創業時に、出来る限りコストを抑えたい創業者にはメリットが高いです。

私は、飲食店、美容業、介護事業など会社名で商売をするのではなく、店舗名や施設名で商売をされる方には合同会社をおすすめしています。

株式会社を選ばれるお客様の一番の理由は、やはり信用面や認知度が圧倒的に高いということです。

店舗名や施設名でする商売のお客様は、一般の消費者になるのでそういった方がいちいち株式会社か合同会社かと調べることはあまりないと思います。

設立時のコストを抑えたいには、合同会社は非常にメリットの高いと思います。

===================================================================
株式会社設立のご相談は、 FIRST STEP

合同会社設立のご相談は、 合同会社設立.JP

FIRST STEP facebookファンページ

知らんと損する節税情報ブログ
===================================================================