創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

次の一歩の進め方

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

bsLIG_dassyuhiroyuki

創業してしばらく経った方と話をしていると、時折、“事業の多角化(多角化)”についての話題が出てきます。多角化は事業の発展のために、有効な手段の一つです。生物が環境変化に対応して進化するように、事業も多角化によって、その時々の環境に応じた形に変化をしていく必要があります。

同じことを続けていくというだけでは、事業の継続は叶わないこともあるということです。多角化を考えるきっかけは、さまざまだと思いますが、中には本業の将来を不安視してという方もいらっしゃるでしょう。そんな状況であればあるほど、次の一歩には勇気がいります。今はまだ大丈夫だけれど多角化を考えたとき、自己資金はどうするかという悩みもあるかもしれません。多角化に踏み出せないという方は、まず次の一歩を進めるための安心材料として日本政策金融公庫の融資なども検討してみると良いかもしれいません。

私がこれまで見てきた企業でも、多角化の成功により大きな成長を遂げた企業がたくさんありますが、ここで多角化を成功させるための私が考える必要な要素についてご紹介したいと思います。

まず、多角化を成功させるための重要の要素の一つが「本業を第一に」ということではないかと思います。通常、多角化した事業が収益をあげ、資金繰りが安定していくまでには、相当の時間を要します。その間の資金繰りをサポートしていくのは、本業からの収益です。多角化に余りに集中しすぎて、本業が疎かになってしまっては、事業のベースが揺らぐことになりかねません。もちろん多角化を図ることは今後の事業の発展に大切なことではありますが、本業とのバランスを考えて次の一歩を進めていくという姿勢も同じくらい大切です。

更に、経営者にとっても、本業は最も能力が活かせる分野であり、最もノウハウが蓄積されている分野であるはずです。スピード感を持って事業を成長させていくためには、能力やノウハウが活かせる、本業の成長が欠かせないと言えます。したがって、多角化も単に新しいことにチャレンジしていくという考えではなくて、本業との相乗効果を常に考え、本業が更に成長できるような内容にしなければならないと私は考えます。

「本業の業績に余裕のあるうち」に、「本業を更に強化できるような方向性」で多角化を行っていくことが大切だと私は思うのです。多角化について考えている方は、一歩立ち止まって、今後の方向性を冷静に検討してみましょう。単に多角化を図りたいと、本業とは別の方向に考えてしまうと事業が不安定になる可能性があるということを忘れずに。

創業に向けた情報が盛りだくさんの「創業資料」は ≫≫≫  こちら


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略