この記事はに専門家 によって監修されました。

会社員から起業した場合の所得税について

会計・ファイナンス

執筆者: ドリームゲート事務局

会社員を辞めて個人事業として起業した場合、所得税はどう変わるのでしょうか?知っておきたい所得税について、説明します。

所得税とは?

所得税とは、収入から所得控除を引いた金額に対して、一定の税率で課される税金です。

所得税は正社員だけでなく、個人事業主などのフリーランス、派遣社員やパート、アルバイトの方でも給与が一定金額を超えると所得税の納税義務があります。

また、所得税には所得控除という制度があり、基礎控除が38万円、給与所得者が受けられる給与所得控除が65万円あります。このため、年収103万円(月収で8万8,000円未満)までは所得税がかかりません。

学生の場合は「勤労学生控除申請」を行えば、基礎控除と給与所得控除の合計103万円にプラスで27万円の控除が受けられます。このため、学生のアルバイトの場合は年収130万円まで所得税は非課税です。

会社員と個人事業主の所得税の違いについて

会社員やアルバイトなどの給与収入は「給与所得」という所得で、個人事業にかかわる所得は「事業所得」という所得であり、「所得」の種類が異なり、計算方法も変わります。

個人事業の所得は
収入-経費=所得

であり、会社員の所得は
収入-「給与所得控除」と言われる概算経費=所得

となります。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める