この記事はに専門家 によって監修されました。

相談から1カ月で400万円の融資を獲得! / 輸入商社

起業・経営課題 事例集

執筆者: ドリームゲート事務局

イギリスからデモ機を購入する資金の調達が急ぎ必要……

日本の大手自動車メーカー向けに、イギリスから輸入したGPSセンサーを販売するベンチャー企業・VBOX JAPAN株式会社。同社を立ち上げたばかりの若き社長・小林達矢さんから相談を受けました。
以前勤務していた会社から急に独立することになり、最初は自分でいろいろと調べながら、会社設立。
ただ、やはり、その後の経営体制の構築について、全般的に窓口ひとつで気軽に相談できるパートナーがほしいのだと。

確かに、急に決まった独立・会社設立だったためか、全般的な会社経営の情報・ノウハウ(経営体制の構築・資金調達・経理税務・人事労務など)の提供と、実務への集中的な対応が早急に必要な状態でした。また、イギリスからデモ機を購入する資金の調達が急ぎ必要だったため、早急に借入を起こさなければなりません。

日々連絡を取り合いながら、完璧な事業計画を仕上げる

議事録や請求書・納品書・契約書・注文書など会社運営に必要な基本的書類の整備から、財務管理、税務会計、給与計算、従業員採用、人事労務管理など、体制づくりをバックアップ。同時に、一番重要な資金調達の検討を急ぎ進めていきました。条件に適した融資制度を調べ、融資実行までの期間が比較的短くて済む日本政策金融公庫の新創業融資制度での獲得を提案。
それに向けて全力で支援すると同時に、お互いが協力し合って迅速に動くことを約束しました。

融資要件や事業計画書作成についての基本からのアドバイス後、提供したフォーマットを元に、小林さんが事業計画書を作成。メール、電話、面談での質問回答&ヒアリングをしながら、繰り返し繰り返し、チェックと修正を重ねました。とにかく急いで融資申請をしたかったため、1日に何度もメールや携帯電話で連絡を取り合う日々が続きます。最終的に私が融資担当者目線でチェック。
ポイントを押さえた良いものができたという確かな手応えを得ることができました。
そして、融資申し込みに公庫へ。融資担当者との面談を経て、結果、何ひとつ問題なく満額融資の連絡が。ちょっと拍子抜けでしたが、充分な対策を練っていた成果だと思います。

日本政策金融公庫の新創業融資制度から、満額回答の400万円!

相談から1カ月で、日本政策金融公庫からの創業融資、満額回答の400万円を獲得。しかしまだまだ、これからが本番。業務に集中して頑張っていかなくてはならない時期です。新しいメンバーを5月より迎え入れ、展示会への出店も決まるなど、いよいよ本格的な営業活動がスタートしていきます。

「V-Spritsの中野さんには、融資の相談だけではなく、会計・税務業務から会社運営の体制作りまで幅広くサポートしていただいています。会社経営の知識がまったくない私ですが、本業の営業・技術サポートに集中できるのは、中野さんのおかげだと感謝。実際に経理会計業務のほとんどは中野さんに丸投げです(笑)」とは小林さんの弁。
これからも小林さんが本業に集中できるよう、全力でサポートしていきます。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める