小型の犬を輸入して販売

海外からの商品輸入でよくある疑問FAQ

Q.小型の犬を輸入して販売

ペットショップをしています。
かわいい小型の犬を輸入して販売しようと計画しています。

難しいんでしょうか?

A.回答

犬の輸入は個人の為であっても、ビジネスのためであっても、「狂犬病予防法」に基づいて検疫が必要になります。
犬が日本に到着すると、動物検疫所で保留検査が行われます。
 
期間は輸出国政府機関が発行する「健康証明書」と 「狂犬病予防注射証明書」の内容によって変わってきますが、14日から180日になっています。
だけど、それだけじゃないんです。それに加えて、家畜伝染病予防法に基づいてレプトスピラ症に関する証明も必要なんですね。伝染性疾病にかかっていない、又は、かかっている疑いがない旨の証明です。  
もちろん、係留中の保管料や餌代、飼育代などは、すべて輸入者が負担になりますからね。
うーん、なかなか複雑ですね。
輸入手続きをスムースにする為にも、経費を押さえる意味でも、上述の証明書などを取得できる仕入先を探すのが最大のポイントですね。

また、事前に農林水産省動物検疫所に相談するのがベストですね。