大きくする 標準 小さくする
政府系金融機関」について専門家に質問してみたい方。ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。

この記事の執筆者

菅原 茂夫氏

「年中夢求」の税理士と一緒に歩んで行きましょう!
全国対応可!まずはお気軽にメール・Web相談を!

記事一覧

事業継承:Vol.2 親族外継承のポイント・進め方

2011/08/26 事業継承

●はじめに前回は中小企業では一般的である親族内継承についてご説明しました。しかし、最近では「事業を継承してくれる親族がいない」「親の事業は継承したくない」といった非自発的理由だけでなく、「親族の...

事業継承:Vol.1 親族内継承のポイント・進め方

2011/08/26 事業継承

●はじめに少子高齢社会が到来した現在、改めて中小企業の事業継承問題が大きな課題となっています。戦後、牽引力となり日本経済の先頭に立ってきた中小企業も、経営者の高齢化が進み、世代交代の時期を迎えて...

事業継承:Vol.3 M&Aによる継承のポイント・進め方

2011/08/26 事業継承

●はじめに前回、前々回と親族内継承・親族外継承についてご説明しました。しかし、必ずしも親族内外に後継者がいるとは限りません。後継者がいなければ最悪、廃業するしかないというのがこれまでの現実的な対...

 
bnr_top_kaiin.png

菅原 茂夫からのご挨拶

「年中夢求」の税理士と一緒に歩んで行きましょう!全国対応可!まずはお気軽にメール・Web相談を!

経歴

菅原 茂夫 Shigeo Sugawara
菅原茂夫税理士事務所
 
「啐啄同時(そったくどうじ)」という禅語があります。鶏の雛が卵から産まれ出ようとする時、中から自分の力で卵の殻を突きます。これを 「啐」といいます。その時、親鳥は外から殻を突いてその手助けをする、これを「啄」といいます。そしてこの「啐」と「啄」が同時であって初めて、雛が産ま れるわけです。これを「啐啄同時」といいます。皆様の夢のために弊事務所が「啐啄同時」の役割を担えればと祈念しております。