有価証券の評価替え



法人が所有する有価証券について、次のような場合には、原則として帳簿価額と時価との差額など、一定の金額を限度として評価損の計上が認められる。ただし、完全支配関係がある子会社で清算中の法人等の株式等に対し計上する評価損(平成23年6月30日以後生ずる事実等により計上するものに限る)については、損金の額に算入されない。
なお、この評価損を計上した場合は、時価法による評価損益と異なり、翌事業年度でのいわゆる洗替計算は必要ない。

1.法人の所有する有価証券について次の事実が生じた場合で、その法人がその有価証券の評価換えをして損金経理によりその帳簿価額を減額したとき
(1)取引所売買有価証券、店頭売買有価証券、取扱有価証券及びその他価格公表有価証券(いずれも企業支配株式に該当するものを除きます。)について、その価額が著しく低下したことにより、その価額が帳簿価額を下回ることとなったこと。
(2)上記(1)以外の有価証券について、その有価証券を発行する法人の資産状態が著しく悪化したため、その価額が著しく低下したことにより、その価額が帳簿価額を下回ることとなったこと。
(3)上記(2)に準ずる特別の事実

2.法人の所有する有価証券について、更生計画認可の決定があったことにより、会社更生法又は金融機関等の更生手続の特例等に関する法律の規定に従って評価換えをしてその帳簿価額を減額したとき

3.有価証券を所有する法人について次の事実が生じた場合で、その法人が売買目的有価証券及び償還有価証券以外の一定の有価証券の価額について再生計画認可の決定があった時の価額により行う評定などの評定を行っているとき(確定申告書に評価損明細の記載があり、かつ、評価損関係書類の添付がある場合に限ります。)
(1)再生計画認可の決定があったこと。
(2)上記(1)に準ずる事実

※以上、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5574.htm)より抜粋

「有価証券の価額が著しく低下したこと」とは、当該有価証券の当該事業年度終了時における価額がその時の帳簿価額のおおむね50%相当額を下回ることとなり、かつ、近い将来その価額の回復が見込まれないことをいう。

口座へ多額の現金を残していても、利息はスズメの涙程である。しかし一方で、支払う税金の率が高いことに驚かされる。そのため株式を購入して得る配当(インカムゲイン)や株式の売却で得る売却益(キャピタルゲイン)等で、資金運用を考える会社も多いだろう。

貸借対照表に表示される有価証券は、その目的によって以下のように分類することができる。

■売買目的有価証券
売却して利益を得ることを目的としたもので、価格は秒単位で移り変わる。
■満期保有目的債券
社債や国債、地方債等、満期まで所有することを目的としたもの
■子会社株式及び関連会社株式
いわゆる株式。株価は常に変動していくが、取引終了時の終値で一応の判断がされる。
■その他有価証券
上記以外の有価証券

会社の決算は、一会計期間の締め括りに資産と負債の価値を適正な金額で表示する。あまりに保守主義に則ることもできないが、有価証券の評価替えは出資者などの信頼を得るためにも認められているのだ。

有価証券を購入した時の価格は、決算時には変化している。そのため、売買目的有価証券については評価替えによって時価で貸借対照表に表示することなる。
例えば10万円で購入した売買目的有価証券が決算時に12万円に値上がりしていた場合、2万円の儲けを有価証券評価益として収益項目に計上する。そして、貸借対照表には12万円と時価表示するのだ。逆に値下がりしていた場合は、評価損として損失計上することになる。

その他、この分野に強い専門家を見る





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



決算に必要な書類、作業、流れ」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

「ウン」と「カン」

"十河先生は「運は来るべき人にしか来ない」と言っておられました。来るべき人とは「活かせる人」のことです。活かせる人とは活かす準備が出来ている人です。論理構築の訓練で生まれた勘が実践で磨かれ、本物になっていく。間をすっ飛ばして、結論を導くチカラを持つようになります。これが勘です。 十河先生が言っていた「ウン」と「カン」とはこのようなものだと解釈しました。"

...続きを読む

「マネシタ電器」と「モルモット」

先行他社やライバルからよく学び、先行プロダクトが市場のどのようなニーズを捉えているのかを理解し、その視点や着想を大いに真似たうえで、「何かがちょっと違うものを売る」。これが「同じものを売る」ということの正しい意味です。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。