特許



特許は、技術的なアイデア(発明)を保護する制度で、iPS細胞が関係する再生医療から、身の回りにある日用雑貨の部類まで、非常に幅広い分野の産業財産を保護する制度です。

 特許権を取得するためには、まず、発明の内容を言葉で説明した出願書類を特許庁に提出します。その後、出願日から3年以内に、特許庁に審査を求める出願審査請求を行い審査請求料を支払って、初めて審査が開始されます。

 出願後に、内容の追加をしたい場合には、最初の出願日から1年以内に行う必要があります。また、外国にも同じ発明について権利をとりたい場合には、同様に、最初の出願日から1年以内に、権利が欲しい国にその国の言語で出願を終える必要があります(同時にいくつもの国に出願したこととみなされる特許協力条約(PCT)による国際出願も、1年です)。

 その後、審査官が審査をし、OKの場合には特許査定がなされ、3年間分の登録料を納付すると特許権が発生します。NGの場合には、審査官から拒絶理由通知がなされ、それに意見書で反論したり、補正書を提出して、権利化を目指します。

 出願段階で、一番留意していただきたいのは、原則として、自分が発明者であっても、商品を販売したり、内容を世の発表してしまった場合には、たとえ出願しても特許権は得られないということです。つまり、世に出す前に、出願しておかないといけないということです。例外規定はありますが、このルールは絶対だと思ってください。

 それから、出願してから特許権を得られるまでには、相当な何月を費やすことも理解しておいてください。通常、出願後、6年から8年の期間を要しています(個人や中小企業の場合、審査を早期に進めてもらう方法は、あります)。

 出願しただけでは、すぐに真の権利は発生しませんし、いきなり他人を排除することも簡単にはできないのです。

 しかし、「特許出願中」等の表記が、お客さんにとって良い印象を与えるも確かで、まずは特許出願を、営業上の道具に使っていただいては、いかがでしょうか。

その他、この分野に強い専門家を見る





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



知的財産トラブル」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

アントレプレナーにはタイプがある

アントレプレナーにはいろんな人がいます。起業家のタイプをその「起業動機」を軸に大別すると5つになります。一つは社会変革型、社会を変えたいと思って起業する人。志高いですよね。次がアイデア実現型、自分のアイデアをビジネスにしたいと思う人です。三つ目が技術活用型、技術とか特許を事業にしたい人。四つ目が独立志向型、仕事の中身とか起業の動機とか、そんなことはどうでもよくて、ただ、社長になりたい人です。最後が成行き型です。独立指向型の一つですが、成り行きで仕方なく起業する人です。

...続きを読む

ビジョン・理念・方針

経営ビジョンとは「その会社の目指すべき姿」を言います。どんな会社になりたいのか?どんな価値を世の中に提供したいのか?どう在りたいのかの答えがそこにあります。理念を具体的に日々の行動基準にしたものが方針です。方針は意思決定の物差しです。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。