創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

「素人」からのアドバイス

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

bs0I9A351215032114onepoint

先日、ベンチャーフェアに出展した際に、あるお客さまから創業計画書について「創業計画書に記入する事業内容とは、どこまで詳しく書けばいいのでしょうか?」という相談を受けました。

日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用する際には、創業計画書を作成しなければなりません。その創業計画書を基に審査担当者が審査し、融資を行うのかどうかという判断を下します。その審査の際に、重視されるポイントの1つとして、事業内容があります。

創業計画書には、取扱商品や取り扱いサービスなど事業の内容を細かく書かなければなりませんが、事業内容をあまりにも詳しく書きすぎるのは、おすすめしません。

創業の準備をしっかりとしている人ほど、自社の商品・サービスに関する知識が豊富になります。そして、伝えたいことも多くなり、他の人にとってわかりにくいことを常識のように書いてしまいがちです。そのようにわかりにくい、専門的な知識を当たり前のように創業計画書に記載してしまうことで、金融機関や取引先の理解を得られないケースも少なくありません。

事業内容について文章だけで説明することは、大変難しいことと言えます。創業計画書に添付資料をつけることは、融資を受ける際には高い評価につながります。事業内容においても、写真やフロー図を添付し、視覚の面からもわかりやすい資料を作っていくと事業内容のよりよい理解につながるはずです。

創業分野について創業者が一番詳しいのは当たり前のことです。
しかし、創業計画書という紙の資料において、その事業内容を理解してもらうことは、添付書類を作成したとしてもなかなか難しいものです。では、事業の内容を理解してもらえるよう創業計画書を作るには、どうしたらよいのでしょうか。

誰にでもわかりやすい創業計画書を作成するには、「素人」に創業計画書を見てもらうのが一番です。創業計画書が完成したら、一度その分野の知識が全くない素人に創業計画書を見てもらい、不明な点などを素直に言ってもらうなどアドバイスをしてもらいましょう。素人が不明に思う点が的確にわかるはずです。そして、その不明な点を改善していけば、よりわかりやすい創業計画書を作成することができ、融資が受けられる可能性が高まります。その貴重な素人からのアドバイスは、日本政策金融公庫の審査の際だけでなく、今後事業を行っていくにあたって外すことの金融機関や取引先との交渉の場で必ず役に立つことでしょう。

「創業融資」に関する資料のご請求はこちらから≫≫  https://www.k.jfc.go.jp/sinkikaigyou/shinkipost_c.html


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略