創業・起業者に役立つ情報をお届け!日本政策金融公庫とドリームゲートが起業者を応援します。

日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ

DREAM GATE

事業計画の見直しの大切さ

公開日:2013/10/31  最終更新日:2019/11/22

366e0be768e5995293b213da364d8f35_s創業期に自己資金が不足している場合、融資を受けるためには、「創業計画書」の作成が必要です。「事業計画書」と「創業計画書」は基本的に同じものですが、創業計画書は、創業時の融資申請書も兼ねている事業計画書です。頭を捻って作成に取り組んでいる方も多いことでしょう。

事業計画書は自分が思い描いた事業をいかにして実現していくかを表したものです。頭の中では事業計画を完璧に立てられたと思っていても、実際、紙に書き出してみると、さまざまな問題点に気づくことがあります。
事業のアイデアをきちんと整理するという点からも、事業計画書は事業を成功へ導くための羅針盤の役割を果たします。作成する際には業界動向、競合相手や顧客などの市場調査をしっかりと行い事業計画を立てることが必要です。
事業計画書を完成させるために、数週間あるいは数ヵ月という時間を費やすことは、準備不足から発生する資金の損失を考えると、小さな先行投資といえるでしょう。

しかし、創業時にどんなに綿密な事業計画を作成しても、実際に創業してみると計画通りにいかないことが数多くあります。それは計画書の作成時点で予測できない事実があったり、ときの経過とともに前提としていた事実が変わってしまったりすることがあるからです。そのようなときに、創業後の経営状況を事業計画書と照らし合わせることで、事業が計画通りにどの程度すすんでいるか把握できます。事業計画書は計画通りにいかず迷ったときにヒントを示してくれるものです。

できれば、創業計画書作成時に、事前に何パターンかのケースを想定しておくと、慌てずにすむでしょう。最低限、最悪のパターンも想定しておくことが必要です。リスクを想定して回避策を検討すると、自ずと内容が具体化してきます。

事業計画書は、達成度合いが悪ければ、問題点をどう改善すれば良いか対策を立てる際に役立ちます。それにもかかわらず、最初の計画にこだわりすぎたあまり、見直すことを怠ると失敗してしまうケースがあります。
当初の計画とは大きく異なることもありますが、最初の計画にとらわれず現実に対し柔軟に対応し、計画を見直していくことが最終的には事業成功の近道となるはずです。

創業時の事業計画書の作成は、継続的に作成する最初のステップであり、事業計画書の作成自体が経営の一部であるとも考えられます。事業計画書の作成は、創業時のみに限定することなく、視野をその後の経営にも広げていくことが重要です。事業計画は適切な戦略のための手段ですから、定期的に見直しを行い、事業計画書を作成することが、会社の経営力の強化な有効な手段と考えられるでしょう。


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略