創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

失敗やリスクを抑えることが成功への近道

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

bsPAK75_nayamutaiyou20140823091652

おつまみの定番である柿の種は、あられを作る金型をうっかり壊してしまったことから生まれたと言われています。さらに、研究中の失敗がある発見に繋がり、ノーベル賞受賞に繋がるなど世界的な栄誉を得た研究者の方もおられました。このように、商品企画や研究開発の分野では、失敗や一見無駄と思われることが新たな発見に繋がることがあるようです。

しかし、これはあくまで一例です。たまたま功をなしたということで、それは偶然の産物であり、意図せず起こったもの。そんな偶然がいつでも起こるものとは限りません。どちらかと言うと、失敗が成功に直結するという事例の方が少ないかもしれません。つまり、多くの失敗の中から、たまたま上手く成功に転じたものを取り上げて、「失敗は成功のもと」と言い切ることはできないのです。

特にこれから創業を考えている方は、こうした失敗に関するリスクを甘く考えるべきではないのではないかと思います。企業経営では、小さな失敗が大きな影響を及ぼす可能性が大いにあるからです。

特に信用に関する問題については、すでにある企業はもちろんのこと、これから起業をしようとするのであれば、特に気をつけなければならないのではないでしょうか。たとえば、期限を勘違いした、その後すぐに用意できたものの自己資金の問題などで約束の時期にお金を入金できなかった、約束の資料を渡すことができなかったなど。企業内であればミスとして大きな問題にまでは発展しないかもしれませんが、これが企業間、ましてや立ち上がったばかりの会社となると、これまでの取り引きがほかの企業と比べると格段に浅い為、一気に信用を落としてしまいます。場合によっては、今後の取り引きを停止されてしまったということにもなり得るのです。

本気で創業を考えるのであれば、会社だけでなく自分の為にも、創業計画書から綿密に考えて、将来についても考えることが大切です。創業時に、自己資金では経営がギリギリになるのではないかという方は、融資を検討するのもリスク軽減においては大切かもしれません。余裕をもって、起業すること、会社をはじめるということは、起業家の精神の余裕にも繋がりますし、これから一緒に働く従業員を路頭に迷わせないことにも繋がります。融資だけではありません。あらゆる観点からリスクを考えることが、創業の柱となります。これから創業される方は、失敗の可能性やリスクをできるだけ低く抑えられるように、しっかり準備を整えてから創業することをおすすめします。

日本政策金融公庫は、全国152支店と6カ所にある「ビジネスサポートプラザ」で創業計画の作成をお手伝いしています。お気軽にご相談ください。

創業融資に関する資料請求は ≫≫≫  こちらへ


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略