大きくする 標準 小さくする

FAQ記事一覧

補助金FAQ:補助金採択後に気をつけるべきこと。

創業補助金を申請し、採択されました。補助金が貰えるのは1年後ですので、それまでに気をつけなければならない事などありますか?A回答最も注意することは資金ショートに対する準備と会計証拠書類の保存です。つまり補助金は精算払いですので、補助対象期間【今回の創業補助金は27年の8月31日】が終ってからの精算になります。ですからその前に会社が倒産したり、事業を止めたりしては精算ができません。つまりお金だけ使って補助金がもらえないことになってしまいます。また、3分の2の補助ですから3分の1は少なくとも自己資金です。無駄使いはやめて少しでも早く利益が出る事業を進めてください。会計証拠書類は領収書が思い浮...

補助金FAQ:創業補助金へ申し込む際の注意点を教えてください

平成26年6月30日締切の創業補助金への申請を検討しております。提出書類を作成する際の注意点について教えて下さい。A回答昨年の創業補助金の申請書と一番異なった点は資金繰りをしっかりアピールする必要がでてきました。つまり補助支援期間中に必要な【使った】費用を以下に賄えるかと言う点をしっかりアピールすることです。要は必要なお金をどの様にして準備するかということです。もう少しお話しますと、自己資金+銀行もしくは親族からの借り入れ+補助金+売上の4つの項目で必要なお金を集めるということです。このチェックも専門家に依頼されたり、マニュアルを使わないと難しいです。是非ご検討ください。他には、《事業計...

補助金FAQ:既に法人を立ち上げていても、創業補助金の対象になる?

既に法人を立ち上げております。創業補助金の申請を考えておりますが、対象になるのでしょうか?A回答平成25年3月23日以降に個人開業又は会社・企業組合・協業組合・特定非営利活動法人の設立を行った場合も対象になりますので是非ご検討ください。★起業家・経営者向け新・創業補助金攻略マニュアルはこちら↓http://ma2kawa.com/kigyouka/■担当者:多和田 博(ドリームゲートアドバイザー)株式会社エコス 代表取締役/愛知付加価値創造有限責任事業組合 代表/補助金申請支援コンサルタント金属製の止金に代わり、天然繊維で段ボールケースの「のり代」を縫合する 「エコ・ステッチャー」を世...

補助金FAQ:創業補助金の対象者・締切について教えてください

年内に起業する予定です。創業補助金は誰でももらえるのでしょうか?また申請するのに期限はあるのでしょうか?A回答創業補助金はいくつかの申請基準及び資格があります。もっとも大切な基準は「新たに創業する者」とは、以下のいずれかを満たす人になります。a)これから創業する者であって、補助事業期間完了日までに個人開業又は会社(以下、会社法上の株式会社、合同会社、合名会社、合資会社を指す。)・企業組合・協業組合・特定非営利活動法人の設立を行い、その代表となる者。この場合の応募主体は、個人となります。※応募者自らが以下の役職に就く必要があります。・会社設立の場合…代表取締役あるいは代表社員...

補助金FAQ:創業補助金とは?

年内に起業するなら、創業補助金をもらうといいよとアドバイスを受けました。創業補助金とはなですか?A回答創業補助金とは、新たな起業の創出を促進し、地域経済の発展と雇用の確保を図るため、新規創業を目指している起業家の方の創業に要する経費の一部を助成する制度です。26年内ということでは創業補助金は26年6月30日提出で募集が終ります。しかし実際は採択されても26年の10月からの支出が補助金で支援してもらえる対象になりますので、年内に起業される方は十分にそのチャンスを活かせます。申請書の作成・提出はスケジュール的には厳しいですが、専門家や市販されているマニュアル等を利用してクイックレスポンスで行...

補助金FAQ:起業時に利用可能な補助金について教えてください

年内に雑貨屋さんを立ち上げる予定です。既にお店の出店場所等が決まっており、日本政策金融公庫からの融資を検討しておりますが、先日知人から「助成金・補助金をもらっておくといいよ」とアドバイスを受けました。 起業時に利用可能な助成金・補助金について教えて下さい。A回答起業時に利用可能な補助金としては創業補助金が有名ですね。一般的な補助金と異なりスタッフへの人件費や広告宣伝費など使い勝手がいいのが特徴です。他にはスタッフを雇う時には高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、賃金相当額の一部が助成される...

 
bnr_top_kaiin.png
政府系金融機関」について専門家に質問してみたい方。ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。