イベントトップに戻る

大挑戦者祭2007 レポート

開催日:2007年3月11日  会場:東京・赤坂プリンスホテル

「教育」 - 起業家が子供を変えて、世界を変える。アントレプレナー流子供教育・労働教育

牧:まず、経営しておられる会社の概要を。

住谷:「キッザニア東京」は、スポンサー50社がブースを設けて、そこで子どもが職業体験できるという施設。今後、政令都市への展開や、地方都市へのライセンス提供などをしていきたい。
藤本:デジタルハリウッド大学院、デジタルハリウッド大学では、起業家や、ITおよびコンテンツビジネスを目指す人材を育成しています。ITとコンテンツ の知識で、例えば「着メロ」などのサービスができる。今後、こういった分野で活躍する人を育てていきたい。インキュベーションも10社ほど手がけていま す。起業家と学生をコラボレーションさせて、起業支援をしていきたい。
舩川:デジットは、日本最大のインターンシップ支援企業。毎年、3万3000人の学生に対して支援を行っています。そのサービスは4段階あって、最初の 「とびらを開く」は、社会に出る前に仕事の喜びなどを知ってもらうガイダンスのこと。次の「鍛える」はインターンシップの提供、次の「送り出す」は就職支 援、最後の「背中を押す」は、社会人になってからもキャリア形成の機会の提供です。
近藤:ネクシィーズは、一言でいえばプロモーションマーケティングを手がけている会社。スカパーやWOWWOW、ヤフーBBなどを日本で一番普及させてきた会社で、ものによっては80%のシェアがあります。グループ会社が10社あります。
牧:慶應のSIVアントレプレナー・ラボラトリーは、大学発ベンチャーのプラットフォームづくりを行っています。インキュベーション、ネットワーキング、 アントレプレナー育成、研究の4つの柱で活動しています。大学の予算はゼロで、すべてスポンサーシップでまかなうという「教育のビジネスモデル化」を実践 しています。

牧:次に、アントレプレナーシップと人間力をどう育てるかということについて。近藤さんは、社内に対してやる気をどうマネジメントしておられるのでしょうか。
近藤:結論から言えば、人は説得しても動かない。納得したら動く。今でもよく社員と食事に行くし、誕生日には必ずメールを送ります。心と心のつながりを大 事にしているから。そしてステージとチャンスを積極的に与え、徹底的に期待します。具体的には非常に早く役職者にして背伸びをさせる。あらゆる事業部は チーム制にして、自分たちで成功体験をつくらせます。教育で人は変えられない。教育とはきっかけを与え続けることだと。それがリーダーの役目だと思いま す。
牧:学生を見ていると、インターンシップで本当に育っているのか疑問に思うこともあります。どういったインターンシップが役立っているんでしょうか。

舩川:インターンシップには、アルバイトと同様、一定期間働いて働きぶりの評価も得る「実践型」と、夏休みの数日、グループワークなどを中心に参加 する「体験型」がある。体験型だと、ちょっとかじっただけでわかったつもりになるので、実践型を重視しています。一定期間、未体験の世界で揉まれることに より、想像とは違うことに触れて気づきや好奇心が生まれる。受け入れ側の企業が、インターンがステップアップしていく階段を用意していると、「やればでき る」という自信や意欲につながります。
牧:学生がこんなに変わったというエピソードは。
舩川:いわゆる「オタク」だった筑波大学の院生が、自分の技術をインターンシップ先の会社から驚かれたことを機に自信を持ち、プレゼンができるようになっ て、リアルのコミュニケーションの重要さに気づいたというケースがある。技術だけじゃなく社会性も身につける必要があると。
牧:デジハリ大学院では、アントレプレナーをどう育成しようとしているんでしょうか。
藤本:起業については、身近な事例で学ぶことが重要。本より生。自分自身が「くやしい」と痛感することが大事。自分より下にいると思っていたヤツにあっと いう間に抜かれるというのも現実にはあるわけです。優秀な人でも、性格が悪いと相手にされないことがわかる。実際に出資話も飛び交う中で、えげつないこと もあるわけです。そういう環境をつくることが大事。
牧:キッザニアで提供されているプログラムの特徴とは。
住谷:「三つ子の魂百まで」といいますが、幼少時の体験が人格形成の基礎になる。本で得る知識よりも体験。そして、学校や家庭における教育の問題より、地 域社会の力の希薄化を問題に感じてキッザニアを立ち上げたわけです。昔は地域の知らないおじさん、おばさんにほめられたり怒られたりして育てられた。今は 幼少時の他人との接点が限られています。キッザニアでは、知らない子同士が職業体験をしながらコミュニケーションをし、マナーも学ぶ。まさにリアルな社会 の縮小版です。

藤本:高校の時、学園祭で模擬店を出して盛り上がりましたが、それが最初の実体験のように思います。ぼくはわんこそばを1日で100万円売ったことがある(笑)。その経験は生きています。
舩川:お金が得られるんですよね。
住谷:働くと「キッゾ」という紙幣がもらえ、使うこともできます。施設内で遊ぶ時はキッゾで払う必要があります。お金の価値、お金がどう動くかを体験できる。
舩川:大学生版をやりたいですね。
住谷:キッザニアで、いずれ高校生、大学生と形を変えて職業体験や会社をつくるという体験ができるものも考えていきたいですね。

牧:ここで整理のため、皆さんの中で「アントレプレナーシップ」とは何なのかという定義と、それをどう育てるかについて聞かせてください。
近藤:今は情報が多すぎて、考えすぎて動けない人が多い。動きながら考える、勇気を持って挑戦する。それがアントレプレナーシップの基本では。また、アン トレプレナーは社長のことと思われているが、専務も部長もアントレプレナーであるべき。10人の部下がいる社長と、1000人の部下がいる部長とではどっ ちが偉いかと考えればわかると思います。
藤本:起業する人は増えましたよね。僕のように学生で起業するなんて人はゼロ。変なヤツだと思われていた(笑)。今ではスター経営者も出てきたし、そういう環境が大事だと思います。
舩川:定義は「チャレンジして新しい価値を見出している人」でいいのでは。どんな分野でもいい。スポーツ選手もそう。教育でその背中は押せると思います。
近藤:大人がどう基本を教えるかが大事。起業は人生賭ける苦しいものだけど、生きがいになるよと。
住谷:何かやろうという気持ちが大切で、その「何か」は「もうかりそう」なことではなく、「好きなこと」が大事だと。やりたいことをやることが第一。起業は楽ではないが、乗り越えられるのは好きなことだから。

近藤:よく学生から「何を選んだらいいかわからない」と相談されます。好きなことを選ぶのは大事だけど、まずは目の前のことに本気になって取り組んで活躍できないと、何やってもダメだと思うんです。
牧:ありがとうございました。ではQ&Aに移ります。

Q:切磋琢磨が重要なのに、平等教育になっていて抜けてしまっていると思います。それで就職の時、やりたいことが見えてこないことに結びついているのでは。

住谷:世の中にはいろいろな仕事があっても、学校を卒業するまで実感することはないでしょう。大人だって1つの会社で1つの仕事しか経験しない人もたくさんいる。いろいろな仕事があることを子どもが肌で感じることが大切なのでは。
藤本:大学経営は法律の縛りが多いが、小・中学校はなおさら。学芸会の主人公にみんななれる学校もあってもいいけど、厳しい学校があってもいい。選べればいいと思います。
近藤:青春先生がいなくなった(笑)。人は力のある人についていく。“上から目線”で教える大人がいてもいい。
舩川:競争は手段。ずっと同じレベルにいていいわけではないので、競争は大切だと思います。

Q:住谷さんにお聞きします。企業人なので社会に近い大学生を対象に考えるのかと思いましたが、社会に遠い子どもに目を向けたのはなぜですか?

住谷:学校教育だけでなく、小さいときからの育ち方が大事だと。日本人とアメリカ人の違いは「生きる力」への向き合い方。何でも自分でやるという生 きる力を育むのが教育の原点だと思います。システム化された社会は役割分担ができあがっていて、釘1本打つチャンスもない。アメリカでは社長が客にコー ヒーを入れますが、日本では秘書が入れる。
舩川:大学生から始めていては遅い。学校から社会にはレールがつながっていないことを早くから教えないと。アメリカでは一番優秀な学生が起業家を目指し、一番下の学生が大企業や公務員になるが、日本は逆。学生は知らないんです。

Q:シニアへの起業教育についてはどう考えていますか。今は人材不足だし、技術や経験のあるシニアが輝く姿を見せればいい影響があると思います。

住谷:同感。いいモノを持っているシニアが活躍できる場所を用意することが大事。活躍
したくても受け皿がない。一方で、日本ではボランティアが浸透していません。ボランティアへの参加も考えてほしいですね。

Q:人は白紙。教育でどうにでも変わる。教育を通じてどんな世界をつくりたいと思っていますか。

舩川:世界平和のために起業しました。世界中の人たちがお互いに高めあう世界が自分のゴールです。
近藤:誰しもが、がんばっている人、立派な人になりたいと思うでしょう。人の尊さとは、自分で考えて自分を改められるところ。そこを追求していくのが人間だと思います。
牧:夢を持っている人をどれだけ増やせるか。いい世界とは、いろいろな世代の人が夢を語っているところだと思います。思い出話ではなく。

Q:大学とは知を探求するところ。社会とのパイプが必要なら、株式会社大学のほうがいいように思いますが。

藤本:学問別にいろいろあっていい。歴史や文学など変わらない分野は研究者が教えるべきでしょうが、ITやコンテンツのように1年で変わる分野は実 務家のほうが正しい情報を与えられる。でもそれは法律ではNG。小・中・高校もがんじがらめ。消費者がもっと選べるように、そこにメスを入れるべき。
牧:いい知、いい研究とは、実践に役立つもの。アメリカでは学んだことをすぐ実践に生かしている。両立できることが大切。学生の気の持ちようでも変わると思いますが。

Q:インターンシップ中ですが、本気でやらないと意味がないと思っています。しかし、インターンは報酬に差がつきません。評価が大切なのでは。

近藤:その通り。努力した分は還元されないと。当たり前のことですが、それがなさすぎる。
舩川:がんばって上っていける階段が必要です。

Q:どんなに厳しい境遇でもモチベーションが高い人もいれば、恵まれている環境でも低い人がいます。社長よりもモチベーションがある社員もいますが。

近藤:モチベーションが低い人をどれだけ乗せてあげるかは大切。ただし、きっかけは与えても変わるのは本人。くやしい、苦しいことを乗り越えて強くなるのは自分次第。ただ、上司がそういう環境を与えるのは大事なことだと思います。

牧:最後に、未来の新しい学校をつくるとしたらどんな学校か。未来型教育ビジネスの形について一言お願いします。

住谷:「体験のススメ」。学問と体験のバランス教育が必要だと思います。
藤本:生涯教育。農業や漁業などリアルな分野がチャンスあるのでは。
舩川:すべての分野におけるヒーローづくり。そして、社会システムとして「感謝のバウチャー」を制度化したい。
近藤:「育てる」より「鍛える」だと思います。

プロフィール

株式会社キッズシティージャパン
代表取締役CEO 住谷栄之資

1943年、和歌山県生まれ。高校からは水球を始め、大学時代には全日本代表選手に選ばれる。慶応義塾大学商学部を卒業後、藤田観光へ入社。香川県・直島 の開発プロジェクトを任されるなど活躍。入社5年目に、脱サラ起業。共同経営パートナーとして、(株)WDIの経営に携わるように。1972年、「ケン タッキーフライドチキン」のフランチャイジーとして六本木店をオープン。以後、30店舗ほどを展開。2000年、(株)WDIの社長に就任。2003年、 60歳で同社を退職。同年、友人の紹介でメキシコの「キッザニア」の存在を知る。視察に訪れ、ライセンスの獲得と日本への誘致を決意。帰国後、スポンサー 探しに奔走し、2004年9月、(株)キッズシティージャパンを設立。約2年の準備期間を経て、 2006年10月5日、東京都江東区のショッピングモール「アーバンドックららぽーと豊洲」内に、「キッザニア東京」をオープンした。

デジタルハリウッド株式会社
代表取締役社長兼CEO 藤本真佐氏

1967年生まれ 青山学院大学卒 在学中に、マーケティング会社を起業。94年デジハリ設立に参画後、コンテンツ制作部門を分社化し、96年(株) IMJを創業(ナスダックジャパン[ 現・ヘラクレス ]上場)。99年、兼任で(株)ツタヤオンラインを創業。02年7月デジハリCEOに就任。04年4月、構造改革特区制度を活用し、日本初の株式会社によ るIT・コンテンツ分野高度教育機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」を開学。05年4月には、4年制大学「デジタルハリウッド大学」を秋葉原に開 学。現在、次世代の人材育成と産業インキュベーションに取り組んでいる。

デジット株式会社
代表取締役社長 舩川治郎氏

91年早稲田大学卒業後、(株)リクルート入社。95年デジット(株)設立。日本初のインターネット検索エンジンを慶應大学と産学共同開発した後、「実践 型インターンシップ」をはじめとする「若者成長支援事業」を5万名以上のトップ大学生に展開。企業様向けには高確率採用型インターンシップや濃密動員型リ アル新卒採用支援・中途紹介を展開。
著書「今どきの若者は使える」(明日香出版)。YEO(世界若手創業社長会)第10期会長。
TV・ラジオ等各種メディア登場、講演・講義(東大早慶他各大学、経営者会)多数。

株式会社ネクシィーズ
代表取締役社長 近藤太香巳氏

19歳の時、50万円で会社を創業し、34歳でナスダック・ジャパン(現ヘラクレス)へ株式上場。
さらに2年8ヶ月後の2004年11月11日、東証一部にも上場し、偉業の快挙を果たした。
テレコミュニケーションを駆使したマーケティング手法が注目を浴びており、時代のニーズを追求。
早稲田大学や東京大学・一橋大学などで講演活動も積極的に行い、若者の心を持ち前の情熱でリードし続けている。
JAPAN VENTURE AWARD 2006 において最高位の賞である経済産業大臣賞(ジャパンベンチャーアワード)を受賞

コーディネーター
慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー
事務局長 牧 兼充氏

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科助手、
SIVアントレプレナー・ラボラトリー(http://www.siv.ne.jp/)事務局長
2000年3月慶應義塾大学環境情報学部卒業。2002年3月大学院政策・メディア研究科修士課程修了、同年4月より大学院政策・メディア研究科助手(途中一部環境情報学部助手を含む)。
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)をベースにしたベンチャーインキュベーションプロジェクト「SFCIncubationVillage」を創設。以来、事務局長として、全体の企画・運営のコーディネータとして活動中。
三菱地所株式会社ビル事業本部 街ブランド企画部 ビジネスインキュベーションユニットパートナーを兼務。

前のページに戻る


ビジネスプランコンテスト DREAM GATE GRAND PRIX ファイナル

ゲスト審査員
Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
グローバル カタリスト パートナーズ工学博士
マネージング・プリンシパル 兼 共同創設者 大澤弘治氏
(株)サキコーポレーション 代表取締役社長 秋山咲恵氏
(株)サンブリッジ 代表取締役会長兼 グループCEO アレン マイナー氏
GMOインターネット(株) 代表取締役会長兼社長 熊谷正寿氏
タリーズコーヒージャパン(株) 代表取締役社長兼 チーフバリスタ 松田公太氏
(株)ホリプロ 代表取締役副会長 堀 一貴氏

DREAM GATE GRAND PRIX 2007 全国9エリア代表者決定戦
北海道エリア 東北エリア 関東エリア 中部エリア 近畿エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア 沖縄エリア

メインステージ

オープニングサプライズ Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
「基調講演」志あるところに成功あり~世界標準へのあくなき挑戦~ (株)エイチ・アイ・エス 取締役会長 澤田 秀雄氏
海外起業家講演 百度 Chief Executive Officer Chairman Robin Li氏
「スペシャルステージ」 - 夢持ち続け日々精進 (株)ジャパネットたかた 代表取締役 高田 明氏

カンファレンスステージ

「食品」 - 食品自給率40%!日本の食の未来を守る
オイシックス株式会社 高島宏平氏
株式会社食文化 荻原章史氏
株式会社ひびき 日疋好春氏
株式会社リバネス 丸幸弘氏
コーディネーター:株式会社ユーグレナ 出雲充氏
「ファッション」 - 多様化する未来のファッションを創る  株式会社アパレルウェブ 千金楽健司氏
株式会社カフェグローブ・ドットコム 矢野貴久子氏
Codio Inc. 丁基子氏
株式会社ヘルメット 植松晃士氏
コーディネーター:株式会社ニューゲージ 如月音流氏
「広告」 -次世代広告に見る新しいコミュニケーション方法とは  株式会社RSS広告社 田中弦氏
サーチテリア株式会社 中橋義博氏
株式会社NIKKO 加藤順彦氏
バリューコマース株式会社 ティム・ウィリアムズ氏
コーディネーター:シーネットネットワークスジャパン株式会社 西田隆一氏
「金融」 - 金融大競争時代の金融イノベーションとは  グローバル カタリスト パートナーズ/工学博士 大澤弘治氏
ネットマイル株式会社 水野千秋氏
リスクモンスター株式会社 菅野健一氏
マネックス証券株式会社 松本 大氏
コーディネーター:株式会社フィナンシャル 木村 剛氏
「不動産」 - アントレプレナーが未来都市を創る
株式会社エスグラントコーポレーション 杉本宏之氏
株式会社企画ビルディング 宮本正好氏
株式会社リーテック 平松克敏氏
株式会社パシフィカ・モールズ セス・サルキン氏
コーディネーター:アールプロジェクト株式会社 永井好明氏
「エンターテイメント」 -多様化するエンターテイメントビジネスの可能性
株式会社インディソフトウェア 野津幸治氏
株式会社エンタク 左舘経明氏
株式会社GDH 石川真一郎氏
株式会社トルネード・フィルム 叶井俊太郎氏
コーディネーター:株式会社カフェグルーヴ 浜田寿人氏
「IT」 -業界先駆者が考える、5年後のネットコンテンツの在り方とは
株式会社アイスタイル 吉松徹郎氏
株式会社ドリコム 内藤裕紀氏
株式会社マクロミル 杉本哲哉氏
Melodis Corporation Keyvan Mohajer氏
コーディネーター:株式会社インプレスR&D 井芹昌信氏
「旅行」 - 旅行業界の新しい価値を生み出す
ロケットプレーン・キスラー社 チャールズ・ラワ氏
旅ウェブ株式会社 肥後愛樹氏
株式会社ビィー・フリーソフト 綿引隆一氏
フォートラベル株式会社 津田全泰氏
コーディネーター:株式会社リクルート エイビーロード・リサーチ・センター 稲垣昌宏氏
「教育」 - 起業家が子供を変えて、世界を変える。アントレプレナー流子供教育・労働教育
株式会社キッズシティージャパン 住谷栄之資
デジタルハリウッド株式会社 藤本真佐氏
デジット株式会社 舩川治郎氏
株式会社ネクシィーズ 近藤太香巳氏
コーディネーター:慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー 牧 兼充氏
「環境」 - 環境をビジネスにした新たな価値
株式会社イースクエア ピーターD.ピーダーセン氏
株式会社サティスファクトリーインターナショナル 小松武司氏
株式会社省電舎 中村健治氏
NPO法人北海道グリーンファンド 鈴木享氏
コーディネーター:株式会社リサイクルワン 木南陽介氏
「サービス」 - サービス精神が世界の人々を豊かにする
株式会社バルニバービ 佐藤裕久氏
株式会社Huge 新川義弘氏
株式会社ワンダーテーブル 林祥隆氏
株式会社SEED-TANK 古里太志氏
コーディネーター:株式会社セレブレイン 高城幸司氏
「モバイル」 - 未来のモバイルビジネスによって、人類のコミュニケーション方法を変えていく
KLab株式会社 真田哲弥氏
株式会社ドワンゴ 川上量生氏
株式会社NAVIBLOG マンダリ・カレシー氏
コーディネーター:モバイル・コンテンツ・フォーラム 岸原孝昌氏