小さな会社のブランド化にはどういったポイントがありますか?

営業・マーケティング

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

私はデザインリフォーム・オーダー家具の製作・店舗デザイン設計施工をしている会社を経営しております。今までは下請けばかりをしていたのですが、デザインを売りに元請に転換していこうと思っております。しかし、小さな企業で知名度もなく元請としての実績もありません。
小さな会社のブランド化にはどういったポイントがありますでしょうか?

回答

「付加価値を高める」ということが重要になります。
大手や知名度のある会社もこの「付加価値を高める」ということは考えると思いますが、小さな会社が付加価値を高めるためにとるべき方法は大手のそれとは全くことなります。
小さな会社が付加価値を高める秘訣は、「経営にかかわるもの全てを絞り込むこと」です。
たとえば、認知度がないからと、大手のようにターゲットを広げてみんなに好かれようとすればするほど誰にも好かれなくなってしまいます。みんなに当てはまることを伝えようとすれば誰にも何も伝わらなくなり差別化ポイントはなくなります。
そうなるとお客さまが感じる利点は、「低価格」か「近くにある」ということだけになってしまいます。

具体的に絞り込むものとは・・・
WHO…責任者・担当者・関係者・顧客
WHAT…商品・価値の種類
WHEN…時期・期間
WHERE…地域・場所
WHY…理由・目的・背景・モノ語り
HOW TO…手段・方法・条件
HOW MUCH…価格・予算
HOW MANY…数量・分量・人数

誰が、誰に、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように、いくらで、どれだけ売るのか?を絞り込むのです。

「デザイン力を売りに」とのことで、それで知名度のあるところとの差別化を十二分にはかることができればよいですが、○○さまの商品の付加価値をより高めるために可能な限り色々な事項を「絞り込む」ことを実行してみてください。

絞り込むこととは、こだわることと同じだと思います。そうすることで相手が感じる付加価値は高まり、下請けの立場から元請けの立場に近づくことができると思います。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める