起業・経営FAQ:補助金対象の経費にするには支払いのタイミングをいつにするべきなのでしょうか?

この記事はに専門家 によって監修されました。

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

都内の駅から徒歩7分の場所でジムの経営をしています。補助金申請に関して2点質問があります。

  1. フリーウエイトエリアにスミスマシンなどの新しい器具を導入することを考えています。この場合、器具の導入費用は申請対象になりますか?またどの経費にあたるのでしょうか?
  2. 雑誌の掲載費用を広告費として申請する予定です。有名な雑誌に取り上げられることもあり、掲載タイミングを逃したくないと考えています。申請結果を待たずに支払うことは問題ないでしょうか?

回答:補助金対象の経費とするためには、補助金採択・交付決定の後に発注・申し込みをする必要があります。

この質問への回答者

表 順一(おもて じゅんいち) / 表順一公認会計士事務所
公認会計士としてキャリア30年超の大ベテラン、直近では補助金申請サポートに注力されていますが、M&AやIPO、資金調達なども得意とされています。トライアスロン世界大会で日本人2位という実績をお持ちです。

プロフィールを見る >>

  • フリーウエイトエリアにスミスマシンなどの新しい器具を導入することを考えています。この場合、器具の導入費用は申請対象になりますか?またどの経費にあたるのでしょうか?

筋トレ器具の導入費用は申請対象になると考えられます。補助対象経費科目は、ガイドブック(https://r3.jizokukahojokin.info/doc/r3i_gaidobook.pdf)の、「①機械装置等費」になります。

  • 雑誌の掲載費用を広告費として申請する予定です。有名な雑誌に取り上げられることもあり、掲載タイミングを逃したくないと考えています。申請結果を待たずに支払うことは問題ないでしょうか?

残念ながら、補助金申請が採択された後、交付決定通知をうけてから発注・支払を行わなければ、補助金の対象経費となりません。

ですので、補助金対象の経費とするためには、筋トレ器具の発注・雑誌掲載申込の両方とも、補助金採択・交付決定の後にする必要があります。

起業マニュアル

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める