本格的に輸入販売業を始めたい

海外ビジネス

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

ハワイのお菓子をまとめて買い入れ、知人・友人に販売しています。
現在はお小遣い程度の収入を得ていますが、将来はもっと商品の幅を広げて本格的に販売していきたいと考えています。
今後、私に向いた方法で 確実な販売をするためにはどんな方法で仕入れをしたら良いでしょうか。

回答

2つの方法をご紹介します。

1)個人輸入代行
個人が輸入の貿易実務を代行して、手数料を戴く方法です。 これは、あくまで個人使用であり、法律の適用がなく、比較的簡単な方法です。 ただし、販売網が弱く、取り扱い数量・金額があまり伸びない弱点がありますし、輸入代理権のような権利も通常はありません。

2)輸入・卸業
これは本格的に輸入・卸業にのりだすものですが、長所と短所があります。長所は、販売網を強化する事により、輸入・販売を伸ばしていける可能性があることです。短所は、様々な認可・届けが必要となることです。
食品衛生法に基づき、その商品の「原材料、成分、添加物等」の情報と共に、検疫所に届けを出し、検査をうけ安全性の確認を受ける必要があります。

税関やJetroを活用して手続きの具体的な情報を入手するのがよいでしょう。
食品の輸入は、いろんな問題が発生しているため、やや厳しくなっているのが現状です。きちんと検査・認可をうけ、現地の製造メーカーや販売・輸出業者とも 密に連絡をとり、一歩ずつ前へ歩んでください。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める