中国進出ビジネスの市場調査

海外ビジネス

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

中国人と組んで新しいビジネスを考えています。
中国に自社の商品を売り込みたいと思っている企業に対して、日本語のHPを中国語へ翻訳、また中国のSEO(検索エンジンの検索結果上位に表示する)対策のコンサルティングが業務内容です。

そこでまずどのくらいニーズがあるか分からないので、まず中国に進出したいと考えている会社にヒアリングして、ニーズを探りたいのですが、どのようにしたら良いでしょうか。まず都内で1社からニーズを探りたいと考えています。

回答

今回はヒアリングによって、顧客ニーズを調査し新規事業へ役立てることが目的です。
より踏み込んだ質問に答えていただける企業を探す必要があります。

■交流会や展示会の活用
東京都や東京商工会議所・国際貿易推進協会等が主催する、中国進出希望企業向けの展示会や交流会が年に数回開催されております。交流会で自社PRを行い、関心のある企業と情報交換を含めて、話し合いを行い、ニーズを引き出す事ができます。

■JETROの活用
JETRO(日本貿易振興機構)ホームページのビジネスライブラリーを活用し、中国へ進出した企業のリストを基にアプローチを行う。自分のペースで、調査を行うことができますが、ゼロからのアプローチのため、交渉が必要になります。

■市販データの活用
中国進出企業の市販データを購入しアプローチを行う。書籍やCDーROMで購入可能です。ただし、リストの購入に費用がかかります。
具体的なニーズという観点から考えると、進出希望企業に加えて、すでに進出済みの企業からの ヒアリングも有効だと思われます。また、1社からのヒアリングだけではなく、最低でも5社程度の意見を聞くことにより、有効で意義ある市場調査を行うことができます。

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める