海外在住者が日本で会社を設立する方法を教えてください。

この記事はに専門家 によって監修されました。

執筆者: ドリームゲート事務局
[広告]freee株式会社

課題・悩み

私は海外在住ですが、日本で会社を設立したいと考えています。 海外にいながら起業することができるか、何を準備する必要があるか、どのような流れになるのかなど教えていただきたいです。

 

回答:国内在住の日本人が代表者にいると、スムーズに会社を設立できます。

この質問への回答者

森 滋昭(もり しげあき) / 森公認会計士事務所
誠実な人柄とわかりやすい説明で、多くの起業家や中小企業の資金繰りや資金調達の支援をされている森アドバイザー。資金調達や資金繰りでお悩みの際にお勧めのアドバイザーです。

プロフィールを見る >>

(1)本人確認

海外からでも、日本の会社を設立して起業することは可能です。 会社を設立するためには、社員の実印を各書類に押し、印鑑証明書を添付して法務局に提出する必要があります。

しかし海外に住んでいる場合、実印を住んでいる地方自治体に登録して印鑑証明書を発行することができません。

居住している国によって、サインの証明制度や日本の印鑑登録に似た制度があります。その制度に基づいて、本人のサインや印鑑であることを証明した書類を添付することになります。

 

(2)日本人のパートナー

会社設立自体は海外在住でもできますが、「預金口座開設」や「事務所の賃貸借契約」などが難しい場合があります。国内在住の日本人が代表者にいたほうがスムーズです。

そのため、

  • 設立時の代表者を国内在住の日本人にして、後から代表者を変更する
  • 設立時に国内在住の日本人を共同代表にする

といった方法があります。

起業マニュアル

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める