起業・経営FAQ:旅行業での起業について

会社設立

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

旅行代理店を開店したいと考えています。
まずは国内旅行の商品を仕入れて、インターネットを中心に販売していく計画です。これにあたり何か良い販売促進はないでしょうか?一番の悩みは集客方法です。

回答

 

宣伝方法は、事業(商品、サービス)のコンセプトと連動して考える必要があります。 一言で言えば「何を」「誰に」「どのように」提供するのかということが一番大切なのです。これにより、もっとも有効な集客方法というのは異なってきます。
今回の相談内容からでは「他社から提供された国内旅行を」「インターネットで」ということしか分かりません。 つまり、肝心な「誰に」というのが抜けているのです。
まず、インターネット上での販売促進の一般的なアドバイスとしては ・旅行のポータルサイトへの掲載や関連サイトとのリンク ・検索エンジン登録 ・オーバーチュアなどのPPC広告、検索エンジン広告 ・関連するメールマガジンへの広告 ・ソーシャルネットワークサービスなど、興味のある人が分かる場所への告知 などを通じて、自社サイト(ブログも同様です)への誘客をして、衝動買いしやすい価格帯の商品から販売していくという方法です。
しかし、もしも「誰に」がリタイヤ後の中高年夫婦ということになると、インターネットを使った集客方法は、とたんに効果が半減してしまいます。 また、他社から提供された旅行を単にネットで売るだけというのは問題です。ネットでは簡単に他社と比較されてしまいますので、どれだけ他社にはない差別化された企画があるか、あるいは常に最安値であるといったことが大きな成功要因になります。
このような方法をとった場合に、私が最も気になるのは、仕入売りの旅行の粗利の低さです。 広告費はある程度かかります。 どのくらいで回収できるのか?というのは気がかりです。 実際、旅行販売で利益が出ている業者は、事業企画が差別化されていて比較的に売上げ額、粗利額ともに大きいものを少ないお客でも確実にリピートされている場合か、海外旅行などは安値で売っても仕入が安いので、利益が確保できる場合などが多いです。
これから起業されるということなので、まずは広告もいらないような事業企画を考えてみてはいかがでしょうか?「どうしたらお客様が集まる事業ができるだろうか?」と考えてみてください。 それをゼロから考えられるのは、これから起業する人の強みですよ。
 

起業マニュアル

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める