起業・経営FAQ:フランチャイズで独立しましたが、行き詰まっています。

事業計画

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

フランチャイズ募集に応募して、独立しました。
未経験ながらも本部が全面サポートしてくれると言う事で開業に踏み切りました。
ところが、実際に営業開始してみると、問い合わせがきたのはこの数ヶ月で、ほんの数件だけで成約は0、問い合わせのほとんどは冷やかしでした。
宣伝活動や運営方法に問題があるのかと思い本部に相談しましたが、それはそれぞれが考える事だからと突き放されました。
資金が少ない中ではじめた事もあって、すでに資金は尽き、生活も切迫してきているので、借金してでも経営改善をして続けていくべきか、このまま再就職先を探すべきか悩んでます。
どうか、アドバイスをお願いします。

回答

フランチャイズということですが、どのような契約条件で本部と話をしたのでしょうか?
フランチャイズは、さまざまな種類があり、中には加盟金のみでほとんど支援をしないところも多いのは現実です。 まず、この本部との契約内容をよくチェックして言うべきことは言うのがまず第一でしょう。

次にこの契約条件に関するもの以外で、やはり基本的な独立・開業ですが誰しも最初の1年、あるいは3年くらいは死にもの狂いで顧客開拓をしなければ なりません。基本的にお客がつかなければ、すぐに資金繰りにいきづまります。やはり基本はどれだけの資金があるかです。自身の生活資金は最低確保できているのであればもうすこしがんばってみる必要があります。
ただ、その場合はほとんど事業資金がないでしょうから、どこからか借金をする、あるいは資本を出してもらう必要があります。家族、親類、友人または国民生活金融公庫など、あらゆる手立てを使って資金を集める必要があるでしょう。
まだ、充分やる気がある、又はなんとかお客がつきそうであればそのようにがんばってみることが大切です。

起業マニュアル

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める