無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

発売半年にして全国500店舗に展開。
乾電池型IoT「MaBeee」がヒット中

執筆者:東 雄介  編集:菊池 徳行(ハイキックス)
更新日:2017年01月19日

「スマホでおもちゃを動かせる」。
革命的乾電池で新たな市場を開拓 展開している事業の内容・特徴

20170119-1売り文句は「スマホでおもちゃを動かせる電池型IoT」である。ノバルス株式会社がリリースした「MaBeee(マビー)」は、見た目は乾電池ケース。これに単四電池をセットすると、スマホアプリ上から電池の出力をコントロールできる。

スマホを振る、傾ける、声を出すといった7つのコントロールモードが用意されており、電車玩具や「ミニ四駆」、工作ロボットなどの乾電池で動く製品を、思いどおりのスピードで走らせることが可能だ。

「クリスマス向けには、新しいアプリケーションをリリースしました。イルミネーション専用のアプリで、調光や点滅パターンの変更ができます。製品を出して終わりにするのではなく、アプリを進化させることで、常に新製品の状態でいられるのもMaBeeeの特徴です」とノバルス代表の岡部顕宏氏。

一般発売されたのは2016年8月のこと。取材時の12月から半年前だが、取り扱い店舗は、ビックカメラやトイザらス、ツクモ電機など、全国500店舗に迫ろうとしている。また、9月にはニッセイ・キャピタル、みずほキャピタルから総額1億2000万円を調達したことを発表。2015年創業のスタートアップ企業の製品が、各方面からいきなりの大反響なのである。

エンジニア仲間との
「部活動」から生まれたアイデア ビジネスアイディア発想のきっかけ

20170119-2岡部氏の前職は精密機器製造を手がけるセイコーインスツル株式会社。本業のかたわら、社外のエンジニア仲間と「部活動のような研究」を始めると、電池でおもちゃの動きをコントロールする、というアイデアが生まれた。問題は「ニーズがあるかどうか」だが、試作品を周囲の新しいもの好きや子どもたちに触ってもらったところ、予想以上の好評を博した。

しかし、こうした「闇研究(会社が許可していない技術者の自主的な研究)」は本業とは別。「試作品は完成したものの、『次どうする?』。ゴールをどこに置くか、迷いました」。しかし岡部氏の背中を、ユーザーの声が押した。ノバルス創業である。

「ちゃんとお金を払ってもらえる製品になるのか、確かめてみたかったという気持ちもあります。それに私はその時45歳。昔から私の頭にあった『モノとサービスの融合』というアイデアをカタチにするなら、このタイミングだろうと」

「お金を払ってもらえる製品」であること証明するため、2015年11月、クラウドファンディングMakuakeに出品してみた。その結果、約900人の支援者から600万円を超える出資を得て、2000台を出荷することに。翌年の一般発売に際して大手量販店が取り扱いを決めたのも、こうした実績あってこそだ。

「起業する方にオススメしたいのは、”小さく始める”こと。私は会社に所属しながら、無理のない範囲で試作品をつくりました。完成度が低いとしても、形になったものが目の前にあると、またアイデアが湧いてくる。会社を辞める前に、できることはたくさんあるんです」

他メーカーと協働し
「MaBeee」ありきの新しい製品開発も 将来の展望

今後はどのような展開があるのだろうか。一つは、アプリのラインナップの拡充だ。SDK(ソフトウエア開発キット)を公開することで、外部の開発者と共にアプリの使い勝手や遊び方を広げていく戦略である。自身のあずかり知らないところで、そのような開発が加速していくことを、岡部代表は期待している。

「今も、youtubeで検索すると、例えばMaBeeeを活用した楽器をつくった人の動画が見つかるんですよ。自分たちが送り出した製品が、ユーザーの手で様々なかたちに育てられている――このような使われ方がどんどん増えていくと面白いですよね」

もう一つは、他のメーカーとの共同開発である。MaBeeeを既存のおもちゃなどにセットして動かすという発想ではなく、初めから「Mabeeeありき」としたBtoBの製品開発を進めていくということだ。家電メーカー、玩具メーカー、日用品メーカーなどと、様々なコラボレーションが考えられるだろう。

自社開発の新たなIoT製品にも意欲的だ。「MaBeee自体、まだまだ進化させる余地があります。その先には、電池型ではない製品もリリースしていくつもりです」。

会社員の「闇研究」から出発した岡部氏の挑戦と現段階の成功は、会社に勤めながら起業目指すエンジニアの方々に大きな勇気を与えてくれた。いつかは起業と思っているなら、やはり小さくとも走り出すことが重要なのだ。

ノバルス株式会社
代表者:岡部 顕宏氏 設立:2015年4月
URL:http://novars.jp/ スタッフ数:6名
事業内容:通信する乾電池「MaBeee」の開発

当記事の内容は 2017/1/19 時点のもので、該当のサービス内容が変わっていたり、サービス自体が停止している場合もございますので、あらかじめご了承ください。

この記事の執筆者

取材・文/東 雄介 編集/菊池 徳行(ハイキックス)

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.