イベントトップに戻る

DREAM GATE AWARD 2007 とは

「日本は君たちの登場を待っていた」をコンセプトキャッチに、これからの社会に大きな変革をもたらし、数年後の日本を引っ張っていくことが予見される35 歳以下の若手起業家の、リスクをいとわないチャレンジ精神・高い志し・情熱・努力を称え、スポットを当てていく事で、次につながる起業家のロールモデルとして、社会に向けて広くメッセージを発信にしていくことを目的として設立。

アワードの特徴

・35歳以下の日本の次世代を創る若手ベンチャー起業家を表彰する点
・審査委員である後進の育成に積極的なベンチャー経営者が個別面談により候補者を評価する点
・公募を行わず、推薦委員による他薦に限定している点

審査基準

人物評価~起業家としての創造性・革新性など資質、誠実さ、正義感など人物に対する評価~
事業に対するビジョン、思いや志、リスクをいとわないチャレンジ精神、リーダーシップなど様々な側面における起業家としての魅力と後進の起業家のロールモデルとしての人間性を評価。

事業の評価~事業そのものの評価~
技術・マーケティング力・商品開発力・マネジメント力など、他社には真似できない独自の競争力を有しているかなど、候補者の携わる事業そのものの魅力を評価。

成果の評価~“その事業が生み出す、社会に対する影響力”に対する評価~
より豊かな社会、より理想的な社会、その事業が社会にどう貢献するか、その事業が生み出す社会的価値や影響力の大きさを評価。

DREAM GATE AWARD 2007 ビジョン

世界に変革をもたらす次世代の起業家を輩出する場として

より理想的な社会、より豊かな社会を追求し、チャレンジする起業家の高い志。その志が周りを動かし、新たな社会を創っていく。ドリームゲートアワードは、このダイナミズムを実践する若手起業家にスポットライトをあてることにより、起業家のロールモデルとして、社会に広くメッセージを発信。 「人が社会を創り、社会が国を創る」 このアワードが世界に変革をもたらす日本の次世代の起業家を輩出する場となり、さらに、このアワードを通じて関わる皆様と共に、日本の未来を創っていくネットワークを構築していきたいと思っております。

totop.jpg m1.jpg m2.jpg m3.jpg m4.jpg m5.jpg m6.jpg m7.jpg m8.jpg