イベントトップに戻る

大挑戦者祭2007 レポート

開催日:2007年3月11日  会場:東京・赤坂プリンスホテル

沖縄エリア

キッズ・ジュニア用ゴルフクラブを沖縄ブランドで発信

2007/01/14 [大挑戦者祭2007エリア代表選] 沖縄エリア代表選

インターネット上への人材の派遣

2007/01/14 [大挑戦者祭2007エリア代表選] 沖縄エリア代表選

沖縄の財産を観光客、そして地元の人に知ってほしい!沖縄事典

2007/01/14 [大挑戦者祭2007エリア代表選] 沖縄エリア代表選

子供に安全で、新鮮な商品を食べさせたい。母の想いが牧場ビジネスへ

2007/01/14 [大挑戦者祭2007エリア代表選] 沖縄エリア代表選

リゾートウェディングで沖縄をもりあげたい。そして幸せな笑顔がみたい。

2007/01/14 [大挑戦者祭2007エリア代表選] 沖縄エリア代表選

南の島、石垣島から全国へ癒しエンターテイメントを届ける!

2007/01/14 [大挑戦者祭2007エリア代表選] 沖縄エリア代表選

「タベテ、カラダ、キレイ」!移動販売のハーブカレー

2007/01/14 [大挑戦者祭2007エリア代表選] 沖縄エリア代表選

キッズ・ジュニア用ゴルフクラブを沖縄ブランドで発

荒川淳 荒川淳

荒川淳

沖縄の財産・魅力・素材を全国へ。キッズ・ジュニア用ゴルフクラブを沖縄ブランドで発信。

これまでの人脈、知識、そして子供への愛情からキッズ・ジュニア用ゴルフクラブを沖縄ブランドで販売する事業をスタートしている荒川さん。
5歳の愛娘にはアメリカ人のコーチをつけ、トレーニングをお願いしている。
荒川さん自身はゴルフをしない。しかし、子供にはスポーツという観点、そしてルールやマナーといった観点からゴルフを学ばせている。
学ばせている、といっても娘さん自身の、「楽しい」「嬉しい」「もっとやりたい」という気持ちを尊重してのことだという。
全国のゴルフ人口、そして沖縄県のゴルフ人口、そして大手メーカーがまだ力をいれていないことを加味し、沖縄県内のホームセンターを中心に、事業展開をはかる。
リハーサルではパワーポイントの枚数と原稿の読み合わせの準備不足で、ぼろぼろだったという荒川さん。娘さんが会場に到着し、一緒に動きを教える。
リハーサルでの反省を活かし、愛娘の期待に答えたい、そして自分自身のプランをより多くの人に伝えたい。その想いから本番直前、原稿を捨てて挑んだ。
プレゼンも中盤、それに答えるかのように、堂々と審査員、観客の前でジュニア用のゴルフバックを持ち、入場する愛娘。お父さんがプレゼンをする残り3分、必死で素振りを続ける。

荒川淳
審査員からは荒川さんの事業内容はもちろんのこと、娘さんへの質問も飛ぶ。
ゴルフが楽しいかどうか、お父さんがやっているのをみてどうか。
事業化するには、ゴルフクラブの販売だけではなく、沖縄県内にある既存のゴルフ場との提携でスクール展開をしていくほうが広がるのではないか。
沖縄へゴルフ合宿ができるような展開はどうか。
量産はできるのかどうか。
具体的に3年間で必要な資金はいくらか。
実際にまだ販売もスタートしていないのだが、量産できる体制にはなっているという自信もあり、審査員からの質問に次々に答える荒川さん。
「自分の娘に体験させ、親の気持ちに立ったビジネスプラン。大手にはできない細やかさを売りにしていきたい」
その想いが届き、見事、沖縄代表としてセミファイナル出場の切符をつかんだ。


荒川 淳
中学卒業後、定時制高校に通いながら町工場にて旋盤・フライス工として働く、目的はオートバイレースをする為の費用捻出の為であるが、物作りの基本・厳しさを学ぶ。その後、客商売やオートバイ関連企業に勤める。
その経験と沖縄という土地柄を活かした起業を模索、ジュニアゴルフのブランド化に挑んでいる。

インターネット上への人材の派遣

伊藤 要 伊藤 要

伊藤 要

インターネット上への人材の派遣。適正なスキルを適正なところへ配置したい。

インターネットに精通した伊藤さんのプランはインターネットプロダクション事業。
インターネット上のコミュニティなどで活躍する人材の発掘、育成、マネージメントを行い、人材を適正なコンテンツへ派遣、マッチングを行う事業だ。
人材派遣といっても、実際に人を派遣するのではなく、サイトへの派遣なので、在宅での勤務を可能にした形態。
つまりインターネット上の人材派遣業というイメージだ。
時代を先読みし、インターネットという道具を活用したプラン作成は伊藤さんの得意とするところだ。
しかしそれをうまく伝えられないところに自分自身で、ジレンマを感じる。
2年連続の挑戦者祭の舞台。
昨年は惜しくも東京行きの切符には届かなかったが、プレゼンでの自分の弱さを発見することができた。
舞台を飛び出して、会場内を闊歩するプレゼンは本番前に急遽、取り入れたスタイル。
7分のプレゼンはとても短く、そして長く感じたという。
審査員からは、カリキュラムを作成した上での人材育成業務、それからの展開として人材バンクという展開がいいのではないかという意見が多数よせられた。
今回も東京行きの切符には届かなかったが、自分自身のプランで足りない部分、そして、周囲の認知度が低いプランをどう、広めていくかという課題が見つかった。
伊藤さんはまた次のステップに向かって、プランをブラッシュアップしていき、近い将来、自身のインターネットへ精通している腕力を発揮するであろう。


伊藤 要氏
10年以上に亘り、インターネットを活用して来た経験がある。
RMT(リアルマネートレーディング)、オンラインゲーム上の財物を、現金でやりとりする新しい商行為の名づけ親、初期市場の育て親。

沖縄の財産を観光客、そして地元の人に知ってほしい!沖縄事

岩橋 卓 岩橋 卓

岩橋 卓

沖縄の財産を観光客、そして地元の人に知ってほしい!利用してほしい!沖縄事典。

奈良県出身。沖縄に移住してきてもうすぐ2年。
沖縄にはとても魅力的な歴史や言葉、文化が根付いている。
それを知りたいとき、知りたいものを、いつでも携帯でみることができれば、観光客にとっても、そして地元の人にとっても、有意義な情報になるのではないか。
それが沖縄事典がスタートするきっかけだったという。
沖縄事典とは、さまざまな情報が掲載されているインターネット上の百科事典Wikipediaとクチコミ情報が多く掲載されているブログの特性を掛け合わ せたようなものだ。具体的にはパソコンや携帯から、知りたい情報を簡単に検索でき、情報の登録も誰でも簡単にできて、写真や地図も投稿できる。
その上、クチコミ情報を知ることもでき、単なる観光情報ではない、より地元に密着した情報が掲載されている。
その沖縄事典をビジネス化し、離島を含めた沖縄県全域に周知、利用してもらいたいというプランだ。

岩橋 卓
プレゼンの際のパワーポイントをめくる作業も、失敗は許されない。自分でやらないと気がすまない、心配性な性格が出たエピソードだ。
そんな想いからこれまでのインターネット検索の経験を活かし、15mも届くPC用リモコンを準備。
生真面目で周りの人も思わず協力したくなる人柄を思わせるようなことだった。
プレゼンは無事、想いを伝えられた。
「素直で純粋な岩橋さんだからこそできるプランですよね」
そんなメッセージが審査員から出た。
プランは広告収入だけではなく、いろいろなところとの提携、協力により、収益構造が広がるのではないかというアドバイス。
審査員からはその人柄を評価され、「オフィススペース提供」の札があがった。
沖縄のよいところは外にいたからわかる。そして自分たちのように沖縄の歴史や文化、言葉を知らない人のために情報の提供をし、もっと沖縄のよいところを知ってもらいたい。
今回の挑戦者祭への応募により広がった人脈、知識、情報。
そして岩橋さんのプランは大きく動き出そうとしている。


岩橋 卓氏
1997年に大学のゼミのホームページを作った。当時としては珍しくコンテンツの充実した簿記、会計用語辞典のページで、役に立つサイトであるためたいへんなアクセスがあった。 その経験を活かし、すでに沖縄観光事典と沖縄方言辞典のサイトを構築済みである。 http://tiida.jp

子供に安全で、新鮮な商品を食べさせたい。母の想いが牧場ビジネ

崎枝ラリッサ百合香 崎枝ラリッサ百合香

崎枝ラリッサ百合香

子供に安全で、新鮮な商品を食べさせたい。母の想いが牧場ビジネスへ。

最南端の町、西表島。
ジャージー牛3頭の小さな牧場から、より安全でおいしく、そしてなによりも、離島という強みを生かしたビジネスがしたい。
牧場の娘として生まれた崎枝さんは、小さいころからジャージー牛の世話をする生活は当たり前の日常。
結婚して、西表島に移り住み、この大自然の中で、牧場をしたいと感じた。
そのころ、熊本県でジャージー牛の牧場をしていた両親が牧場をたたむという連絡があり、その一切を、崎枝さんが引き継ぐことになった。
「子供には安全なものを与えたいですよね」
そう話す崎枝さんは母の顔から起業家の顔へと変化していた。
事業スタート時の設備投資資金は熊本から西表島までの輸送運賃のみ。
とても優遇された環境で事業をスタートすることができた。
ジャージー牛からとれた牛乳、それを原材料としたプリンやアイスクリーム、ケーキなど、積極的に商品開発に励む毎日。

崎枝ラリッサ百合香
西表島に住んでいる地元の人のための商品、そして観光客のための商品をしっかりわけ、価格設定をすることで、確実に商品は売れていった。
全国各地への発送テストも順次すすみ、事業拡大を計画している。
プレゼンではその現状を報告し、今後の事業展開を発表。
とてもよくまとめられたプレゼンで、審査員からは思わず拍手が出たほど。
将来はどれくらいの規模を想定しているのか。
具体的に熊本からの輸送費はどれくらいかかるのか。
商品の販売個数はどれくらいを想定しているのか。
すべての質問に確実且つ丁寧に答える崎枝さん。
プレゼン終了後のブースにも興味をもった審査員や、観客が詰め掛ける。
崎枝さんの商品はもちろんのこと、彼女のしっかりと前を向く姿勢。そしてしっかりした受け答えは会場の注意を一気に集めた。
「最南端の町のジャージー牧場」
近い将来、崎枝さんの商品が日本全国を駆け巡るに違いないと確信した。


崎枝ラリッサ百合香氏
15歳から18歳まで (有)リヴェンデルファームで修行 動物の管理から経理まで幅広く担当。その後さまざまな飲食店でいろいろな料理の技を覚える。

リゾートウェディングで沖縄をもりあげたい。そして幸せな笑顔がみたい

島袋十史樹 島袋十史樹

島袋十史樹

リゾートウェディングで沖縄をもりあげたい。そして幸せな笑顔がみたい。

リゾートウェディングとコーチングの融合。
自身が感じていたリゾードウェディングへの希望が確信へかわった瞬間だった。
プランナーやカメラマン、エステティシャンなど、ウェディングで関わる人を登録する人材バンクの設立。
リゾートウェディングプランナーとして勉強をすすめていくうち、コーチングの知識こそが求められているコミュニケーションスキルであることを実感した。
沖縄県では、国内、国外からのリゾートウェディングが盛んに行われている。
近年の観光客の伸び、そしてリゾートウェディングの伸びは、誰もが予測しないほどのスピードでアップしていっている。
それに伴う人材不足、スキル不足。
それを打破するために、人材バンクを作ることで、島袋さん自身のイメージする、ウェディングをする2人のためのプランが出来上がるという。

島袋十史樹
プレゼンにはリゾートウェディングをイメージさせる、明るい色のスーツ、そしてシャツ。
誰もが、その雰囲気に釘付けだった。
そして第一声。
プレゼンを、リゾートウェディングプランに見立て、司会として、自身のプランを発表する。
会場いっぱいに通る声は一番後ろの席の家族に届くようにとの想いからだった。
それを見つめる家族、そして妻の両親。
会社員を辞めて、独立することを不安に思っているのではないだろうか。
自分自身がやりたいことを家族に伝えるために出場を決めた。
1年前、会社員としてこの舞台を見つめていた島袋さんが、今年は挑戦者として舞台に立つ。
「絶対に来年こそは」
その夢が叶った瞬間だった。
審査員からは
時代をよくよんでいるプランだ。
人材育成について、他の企業、同業者とのネットワークをもっと強固にすること。
沖縄でこそやってほしい!
と前向きな意見が飛び交った。
「家族がプレゼンやブースにここまで協力してくれたことが一番の喜びです」
家族の協力により、島袋さんのプランが沖縄県経済の一役を担うのにはそう時間がかからないと感じた。。


島袋十史樹氏
琉球放送で15年間、営業、番組制作、編成業務を経験。コーチ21にてコーチングスキルを習得。

南の島、石垣島から全国へ癒しエンターテイメントを届ける!

新里勝雪 新里勝雪

新里勝雪

南の島、石垣島から全国へ癒しエンターテイメントを届ける!

沖縄本島から飛行機で45分。
自然がいっぱいの石垣島に生まれ育った新里さん。石垣市内でバーを経営する若き経営者だ。
バーを経営しながらもいろいろな分野にアンテナをはりめぐらし、新しい情報をとりいれることを忘れない。
そんな新里さんが目をつけたビジネスは、「癒しエンターテイメント~楽しみ・喜び・幸せを感じさせる~」
とことん「癒し」にこだわり、いくつかの事業を組み合わせたプランで挑戦者祭に挑んだ。
泡盛、八重泉のボトルに琉球衣装をかぶせる、ボトルウェア。
将来的にそのボトルウェアにICタグを埋め込み、石垣島の観光情報や、お得な情報を提供する事業の展開を図る。
ICタグがまだまだ浸透していない現状で、オリジナルの琉球衣装のボトルウェアは北海道にも試験的に販売し、好評を得ている。

新里勝雪
沖縄ではまだまだ知名度が低い、ボトルウェアをどう販売していくか、それを全県、そして全国にどう広げていくか、まだまだ模索状態ではあるが、那覇市内にオフィスを構えるなど1つ1つ確実にすすんでいる。
プレゼン当日まで、内容を絞り込めず、自身の「想い」を伝えるために来たという新里さん。
癒しの定義をはっきりと。
ICタグの実用化はいつごろか。
800万の売り上げ目標を出しているが、具体的にどれくらいを売り上げればいいのか。
審査員からは厳しい質問がどんどん飛ぶ。
それに答えながらも自身のプランの精一杯を伝える新里さん。
まだまだ考慮する点は多々あり、ブラッシュアップも必要だということを再認識。
しかし、止まっている時間はない。
南の島、石垣から全国へ。「癒しエンターテイメントビジネス」が形になるまで、そう遠くはないという確信を持った。


新里勝雪氏
経営しているカフェ・バーANTではお客様とのふれあい、ウェディングパーティー・ライブ等のイベントをしたり、大画面で映像を流したりするなど、典型的 な癒しエンターテイメントを展開している。この経験を通し、さらに多くの人々に癒しエンターテイメントを提供するべくITを活用した事業を行う。

「タベテ、カラダ、キレイ」!移動販売のハーブカレー

丸山華子 丸山華子

丸山華子

健康長寿県沖縄を救え!!「タベテ、カラダ、キレイ」!移動販売のハーブカレー。

今日もワインレッドのドーシャ号は沖縄県内を颯爽と走る。
移動販売でオリジナルハーブカレーを販売する丸山さん。
インドの薬草医学、アーユルヴェーダーの要素を取り入れ、「タベテ、カラダ、キレイ」をコンセプトにしている。
そのハーブカレーは通常のカレーとは違い、白いご飯の上にお好みのトッピングをいくつかのせ、別添になっているルーとあわせて食べる。
トッピングは紅芋ペーストやフライドオニオン、レーズンやおくらなど季節の野菜もいっぱいだ。
深くかぶったキャップとドーシャオリジナルTシャツが丸山さんの仕事着だ。
もともと、東京で美容師をしていた丸山さん。
外面からの美しさを支える仕事ゆえ、内面からの美しさを考えるきっかけにもなった。
現在は沖縄県内のインキュベーション施設や、ビジネス街などに、日替わりで出店。
固定客をつかみ、そしてその波は確実に広がっている。

丸山華子
パーティー会場や撮影現場へのケータリング、沖縄県内の大きなイベントにも出店し、知名度を上げている。
丸山さんのブログでは出店情報の他にもお得な情報が掲載されているため、食べる前には要チェック!というのも暗黙の約束になっている。
リハーサルのときも、「本番に強いんです」と淡々とこなす丸山さん。
「今日は悲しいお知らせがあります」
その一声からスタートするプレゼンには誰もが釘付けになった。
沖縄県は肥満率が高いという内容、沖縄県民が普段食べているお弁当のカロリーを目の当たりにした会場はあまりのカロリーの高さに騒然とした。
徹底的に「自然」にこだわったハーブカレーはいくつかのハーブを組み合わせた丸山さんオリジナルのレシピを採用。容器は、さとうきびの搾りかすを利用したエコ容器。
残念ながら沖縄県内にその工場はなく、東京から取り寄せているという現実も悲しいと語った。
丸山さん自身が実際にやっているという自信、そしてこれからの展開も視野にいれての行動が評価され、今後の店舗販売への期待から、「販売協力」の札があがった。
これからも、丸山さんの笑顔とおいしいハーブカレーが沖縄県民の健康を支えていくに違いない。


丸山華子氏
東京において約10年美容師を経験。移動販売・店舗問わず、ありとあらゆるカレーを食べ歩く。半年を費やしてオリジナルレシピのルーを開発。