起業前に海外の見本市に参加する際のポイント

海外ビジネス

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

まだ起業前ですが、海外のオーガニック食品や雑貨の輸入販売を考えています。今度イギリスへいって見本市を見てくる予定ですが、コツやみどころを教えてください。
あと、起業前の場合は名刺に個人名だけいれてあればよいのでしょうか?
それとも、とりあえず、会社名を暫定的にいれておいたほうがよいのでしょうか?

回答

見本市訪問のコツについてですが、リサーチが目的の見本市訪問のコツについてアドバイスいたします。
出展者にとっては、その場で受注することが目的で、バイヤーにとっては、買い付けることが目的です。
ときには「見るだけ」という来場者には、ちょっと冷たい対応をとる業者もいるかもしれませんが、そこはグッとこらえて、頑張ってください。
たくさん見て、「これ!」と思った商品のブースでパンフレットをもらったり、サンプルを購入したり、今後の連絡先をもらうとよいでしょう。
日本に代理店があるかもチェックしておくとよいでしょう。同様に、日本の取引先を調べると、相手が求めている取引先の規模がわかります。
また、場内には業界のインフォメーションセンターなどもあると思いますので、業界紙など全般的な情報も集めておけば、後日役立つと思います。
それからもう一つ。展示場だけではなく、街中のお店などもご覧になって、人気商品や売り方(ビジュアル等)も是非ご覧ください。きっと参考になると思います。

また、名刺についてですが、これは起業準備の進み具合によります。
もし、「既に準備中で、設立は○月見込み」というところまでお決まりでしたら、名刺に記載されると良いと思います。
もし、「しばらくは様子見をする」または、「初めは個人事業で始める」ということであれば、個人名だけにした方が良いでしょう。設立の事実がないのに会社名を記載し、話が進んでから相手にバレてしまっては、ビジネスの相手として信頼感が失われる危険性もあるかもしれません。

 

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める