その時、偉人たちはどう動いたのか? 松下電器産業創業者 松下幸之助

企業紹介

執筆者: ドリームゲート事務局

松下 幸之助(1894年 – 1989年)

 松下電器産業創業者。「水道哲学」など独自の思想と「事業部制」という思い切った分権組織形態で経営にあたり、松下電器産業を一代で世界屈指の家電メーカーに育てあげた。創業間もないころから、「松下は何をつくる会社か」と尋ねられたら、松下電器は人をつくるところです。あわせて電気器具をつくっております。こうお答えしなさい」と従業員に話していたように、事業は人なりと、人を育成することを第一として指導力を発揮、「経営の神様」と謳われる。将来の日本のリーダーを育成するための「松下政経塾」も設立した。

エピソード1:人間大事 エピソード2:経営指導料
エピソード3:熱海会談 年表

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める