この記事はに専門家 によって監修されました。

清掃請負業:主婦経験が人気の秘訣に。/ 株式会社 武田商店 おそうじまま

企業紹介

執筆者: ドリームゲート事務局

背広を着ていれば営業担当になれるの?!

「清掃作業と聞くと誰もが敬遠してしまいますよね。
だからこそ、スタッフが楽しく働ける環境づくりに、特に力を入れているんです」

一般家庭の日常清掃からマンション外構部、オフィスなどの清掃を請け負う「おそうじまま」。
社長の武田陽子さんは、日頃、家庭の清掃に携わる主婦の視点を生かして、
女性ならではのサービスを展開し、好評を得ている。

武田さんが就職をした当時は、入社年齢が高い4年制大学卒の女性は、すぐに結婚退職の可能性もあることから敬遠される傾向にあった。
彼女は、叔父の紹介で大手電線メーカーに入社したものの、就職は明らかに不利な条件だったという。
入社後、行動派の武田さんは、営業職を強く望むが聞き入れられず、「女子はアシスタント」という考え方に悔しさを募らせていった。
「背広を着てくれば、私にも男性と同じ仕事をさせてくれるのですか!」と上司に詰め寄ったこともあった という。

転職で営業職に就くが妊娠を機に専業主婦へ

結婚が決まっていた武田さんは、ご主人の仕事の関係で東京に引っ越すことに。
転居先での仕事を探していたところ友人が、日本マクドナルド(株)で女性初の営業担当を募集していると教えてくれた。
早速面接を受けるとその場で内定、女性初の店舗開発営業として採用されることになった。
その仕事は、ファストフード『マクドナルド』の出店候補地を見極め、店舗確保の交渉をする大切な業務だった。

「女性初の営業ということで、会社からの期待もひしひしと伝わってきたんです。
やりがいのある仕事だったので私も必死に頑張りました。
でも、最初の頃は緊張して営業先に入れず、店の前で1日中入るタイミングを窺っていたこともあるんですよ」
と笑う武田さん。

積極的に営業をこなしていた彼女だったが、仕事を始めて1年半後に妊娠が判明、やむなく退社することになった。
その後、家事や子育てに専念していた彼女だったが、心の中に何か割り切れないものを抱えていたという。

「私の心の隅に仕事をしたいという気持ちがずっとあったのだと思います。
ただ、主人や子供たちに迷惑をかけてしまうことが怖くて、自分の思いを通すのではなく、
育児や家事が落ち着いて、働きに出られる時期が来るのを待っていました」

末っ子が保育園に入ったのをきっかけに、ある程度自分の時間が持てるようになり、
仕事を開始することを決意。
ただし、家事や育児の時間も確保したかったので、 企業に入社するのではなく、
自分で時間を調整できる起業の道を選んだ。
以前、再就職に役立てればと取得した宅地建物取引主任の資格を生かし、不動産業を手掛けたいと考えていた。

女性が社会参加できる場所を提供していきたい

「不動産の仲介業をやっていましたが、仕事はコネやツテで取ったものばかり。
他力本願的なところに、限界を感じていました。
主人の会社で新規事業として清掃代行を始めようとしたのですが、
ノウハウや人手がなく立ち消えになってしまったのです。
それを聞いた私は、『今後必ず社会的ニーズが高まる!』と確信。
自分の事業として取り組みたいと検討を始めました」

すぐにいくつかの清掃請負会社に依頼し、実際の業務を見て問題点を洗い出した。
日常的に 清掃を行っているため、主婦の視点で細かくチェックできることが武田さんの強み。
お客様の立場に立って、どんなサービスが喜ばれるのか、何を必要としてい るのかを徹底的に考えた。
大手企業も数多く参入するこの業界では、独自のサービスが差別化につながり、引いてはそれが売りになると考えたのだ。

「こ の事業は将来性がある」
という思いを強くした武田さんは、基本となる清掃作業の仕方や技術、洗浄剤の選び方を、清掃業を手がける知人から指導を受けた。
研 修用のマニュアルや依頼主との契約書、請負書などの書類もしっかりと準備。
ついに95年4月、「おそうじまま」を立ち上げ、清掃請負業務をスタートさせ た。

武田さんは、特にスタッフの育成と明るいイメージづくりに力を注いだ。
敬遠されがちな清掃業だが、そのイメージを払拭させるため、 おそうじままのかわいいキャラクターをつくり、
作業時のトレーナーやポロシャツ、エプロンにプリント。
服装も赤やピンクなど女性が着るのに抵抗のないよう 配慮した。
徹底した研修を行い、挨拶から清掃技術までを指導。
その甲斐あって、実際の清掃風景を見かけて連絡をしてくる企業や一般家庭も少なくないとい う。

「うちの会社は、口コミでの依頼がとても多いのです。
この業務はスタッフがすべて。
いい人材を育てることが他社との差別化につなが るんです。
この仕事を通して『自分も社会参加している』と実感できたという主婦は少なくありません。
そういった、女性がやりがいを感じて働ける場所をもっ と広げ、これからも提供し続けていきたいと思っています」

【武田 陽子さん プロフィール】

愛知県生まれ。
大学卒業後、大手電線メーカーに入社。
退社後、79年日本マクドナルド(株)に入社。
女性初の店舗開発営業として活躍するが、 1年半後、出産のため日本マクドナルドを退社。
しばらく主婦業に専念するが、88年、親戚の事務所を間借りして、不動産事業を開始。
95年、清掃請負業 「おそうじまま」を設立。
2年間は、不動産事業と並行して業務を行うが、その後、清掃請負業に特化。

会社名   (株)武田商店 おそうじまま
URL   http://www.osoujimama.com/
住所   名古屋市中区千代田2-10-5
連絡先   TEL 052-241-1940
設立   1995年 4月
業務内容   清掃請負業

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める