この記事はに専門家 によって監修されました。

起業・経営FAQ:売上ー経費=給与 or 売上ー経費ー給与=?

会計・ファイナンス

執筆者: ドリームゲート事務局

課題・悩み

現在、個人事業主としてIT関連の仕事をしております。
今後、合同会社を設立予定です。その際の、給与の設定についてのご相談をさせてください。社員は代表のみで、これまで交通費や接待費などすべて報酬から経費として計上してきました。今後も報酬額と使用経費の増減はほぼないと考えられるのですが、これらを会社経費として落としたい場合、どのようにしたらよろしいでしょうか。

回答:法人税をゼロにしたいなら、役員報酬給与=売上ー経費 に。

個人事業主から法人成りした場合の給与の設定についてですが、社員は質問者様お一人ということですが、以下の意味がよくわかりませんでした。

「交通費や接待費等すべて報酬から経費として計上してきました。」ここでいう報酬とは何を指しますか?

個人事業主に給与という概念はなく、売り上げから経費を差し引いた残りが、自分の取り分所得となります。したがって、例えば、売上が1000万円で、経費が500万円の場合、1000万円―500万円=500万円の利益=ご自分の所得となります。

法人成り法人化した場合、同様に、売上が1000万円で、経費が500万円の場合、例えば、ご自分の役員報酬給与を500万円にすれば、売上1000万円―経費500万円―給与500万円=0円となり、法人の所得はゼロとなり、法人税はかかりません。

給与には個人の所得税がかかりますが、給与は法人の経費に計上できます。

ただし、役員の報酬は年度の途中で変更できません。

つまり、法人税をゼロにしたいのであれば、役員報酬給与を売り上げから経費を引いた額に設定すればよいことになります。ただし、給与額が高いと所得税率も高くなりますので、法人税の税率がそれより低い場合は、法人で利益を残したほうが良いことになるので注意が必要です。

 

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める