創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

利益が出ていてもお金が足りなくなる?

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

a79b655de9e1f41f8e2b7652371bcfb1_s

「資金繰り」
入ってくるお金と出ていくお金のやりくりの話です。普段の生活でも、小遣いや家計のやりくりに頭を悩ませている方がいらっしゃると思いますが、企業の資金繰りは、お金の出入りも多く、もっともっと複雑です。

事業計画を万全に立て、利益が十分に出るはずと思っていても、実際に事業が始まってみると、「なぜかお金が足りない・・・。」ということがよくあります。帳簿上の売上や決算上の損益ばかりについ目が奪われがちですが、現金ベースのお金の出入りにも十分注意を払う必要があります。

資金繰りに影響を与える大きな要因となるのが、取引先との入金条件、支払条件です。たとえば、取り引きがあった時点でお金が受け取れない、売掛金や受取手形など。契約状況にもよりますが、実際に仕事が完了してもお金を受け取ることができず、実際の受け取りは2、3か月後ということも少なくありません。そうなると、取り引きがあった月の売上は伸びても、実際の資金は入ってきていないので「お金がない」という矛盾が生まれてしまいます。

創業時は信用力が乏しいため、販売先や仕入れ先を確保するのに苦労することも多いと思います。しかし、無理をして入金や支払の条件を取引先の都合に合わせてしまうと、あとあと、資金繰りに苦労し、資金ショートする可能性もあるのです。事業計画を検討する時には、こうした点にも注意しておく必要があります。

とはいうものの、実際に取引先との信頼関係を築くのに無理な交渉も考えものです。このような創業時の資金不足に対応するための手段のひとつとして考えられるのが、十分な自己資金の準備、または余裕のある融資です。たとえば、日本政策金融公庫であれば、新創業融資制度といって無担保、無保証人で受けられる融資もあります。創業前にしっかりと資金の準備をしておくというのも資金不足を回避するためのひとつの手段なのではないでしょうか。

また、資金ショートを防ぐ方法としては、資金繰り表の作成をするという手段も考えられます。資金繰り表は、売掛金の回収による入金、買掛金支払のために必要な出金などの資金の出入りについて科目ごとに並べた表のことです。この表を使って、資金の出入りの実績と予測を把握することで、突発的に資金が不足することのないよう、事前に対策を立てることができます。資金繰り表は、資金ショートを起こさないためのレーダーの役割を果たしてくれるはずです。創業時に余裕のある資金があるからと安心せずに、合わせて資金繰り表などでキャッシュ状況を確認しましょう。


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略