創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

小さな一歩を踏み出そう

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

85234a003b299e1e8f2b523bd69b264e_s

創業したいと考えてから、実際に創業するまでの間には長い道のりがあります。
創業に向けた最初の一歩をどのように踏み出すか。

先日、日本公庫への資料請求をきっかけに惣菜店を創業された方のお話を聞くことができました。その方は、お弁当屋に長年勤めている中で漠然と自分の店を持ちたいと考えていました。そして、何気なくチェックしていた公庫の「創業資料」を、軽い気持ちで請求したそうです。

『「創業資料」の中には、創業の準備の仕方や、融資制度に関する案内があり、創業に向けてどのようなステップを踏んでいけばよいかが良くわかりました。また、同封されていた先輩起業家の事例を読んでいるうちに“自分も創業したい”という気持ちが強くなっていきました。慎重に創業計画を練り、不足していた資金を公庫で調達し、無事創業を果たすことができました』とお話をされていました。

その他にも、公庫での資料請求をきっかけに創業までいたった方はたくさんいらっしゃいます。( こちらをご覧ください )

「千里の道も一歩から」という言葉があるように、どんなに果てしなく遠く見える目標であっても、まず一歩を踏み出すことで、確実に一歩分は近づくことができます。後は、もう一歩、さらに一歩と歩みを進められるかどうかの問題です。それができるか否かは、最初の一歩を実際に踏み出してみないとわからないのではないでしょうか。

惣菜店を創業された方の一歩は創業資料の請求でしたが、最初の一歩が何であるかは人それぞれです。気の置けない友人に打ち明けてみることが最初の一歩となる人もいるかもしれません。大事なのは、踏み出したい一歩があるときに、実際に踏み出すか踏み出さないかということです。一歩を踏み出すことで、視界が広がる可能性は誰にでもあります。

一歩を踏み出すことで何かを失うわけではありませんが、創業に不足するものに気がつくきっかけとなる可能性もあります。しかし、マイナス点を知り克服するために何が必要なのかを考えることは、夢の実現に向けて乗り越えるべき大事なハードルとなります。

創業までの間にどのようなハードルが存在するのか、といった漠然としたイメージを具体的な計画として落とし込むためには新たな知識が必要です。その知識を得るために、最初の一歩を踏み出す人がいます。小さな一歩ではありますが、確実に前に進むための一歩です。

「創業資料」をご請求いただいた方にお送りしている資料には、創業計画をどのように立てていけばよいかをわかりやすく解説した「創業の手引」や、実際に創業された方々のお話を掲載した「創業事例集」など、創業を考えている方に役立つ情報が詰まっています。

公庫の国民生活事業で対応している創業資料請求を、みなさんの最初の一歩としてぜひご活用ください。


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略