創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

「創業に必要な資金」とは?

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

538d24b7c77371bcecbe5b05da74f6c5_s

「創業に必要な資金」と言われて、皆さまはどのようなものを思いつきますか。
代表的なものとして、事務所や店舗を建てたり借りたりするための資金、営業に必要な備品などを購入するための資金、営業用の車両を購入するための資金。または、商品を仕入れるための資金、宣伝をするための資金などでしょうか。

これらの資金は、創業時に必要な事務所や店舗、営業の準備のための資金を設備資金、日々の営業に必要な仕入れや広告宣伝費といった運転資金に分けることができます。

おそらく、これから創業をお考えの方は、こうした設備資金、運転資金を考えたうえで、初期費用としてどのくらいの資金が必要か創業計画書などで綿密に計画を立てられているかもしれませんね。もしかすると、創業計画書をもとに、自己資金の準備や融資の準備をしている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一度立ち止まって考えてください。創業計画書に則って必要な資金だけ準備すればよいと考えてはいませんか。こうした設備資金や運転資金だけで果たして創業したての時期を乗り切ることができるのでしょうか。必ずしも乗り切れると言い切れないのが実際のところではないでしょうか。創業直後というのは、手探りの状態であるため、予期せぬできごとが発生し、計画していた以上に費用がかさむことも少なくありません。

もし、設備資金と運転資金だけだと考えて資金を準備していた場合はどうなるでしょう。資金ショートを起こしてしまい、事業が立ち行かなくなる危険性すらあります。創業に必要な資金として、設備資金、運転資金のほかに、「余裕資金」の準備をしておくことも大切です。

創業直後は不測の事態に備えて、全ての自己資本をビジネスに投下してしまうということがいかに危険をはらんでいるのかということを今一度認識する必要があるでしょう。もし余裕資金がなければ、資金ショートだけにとどまらず、せっかくの機会を無にしてしまうことすらあります。手元に「余裕資金」をプールすることが創業時は特に重要になるのです。

備えあれば憂いなし!これから創業をお考えの皆さまは、「余裕資金」を含めたうえで「創業に必要な資金」について検討してみてください。そこで融資を受ける可能性が浮上してきたら、どのくらいの融資を受ければ、余裕資金をプールできるのか、事業を繋いでいくためにもよく考えてみてください。まずは、資金調達から。しっかりと創業時に備えることが、創業後の経営にも役立ちます。


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略