創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

損益分岐点を知ろう

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

5a164784772f1c646d22dd6b4c4a9b56_s

「損益分岐点分析」という言葉をご存知ですか。損益分岐点とは、ちょうど利益が0になる分岐点のことです。損益分岐点を超えれば超えた分だけ利益が出たと考えることができます。

損益分岐点分析とは、利益の境目である損益分岐点を使って、「いくら売ればいくら利益が出るか」を費用の積み上げから求めるという分析のしかたです。費用を変動費と固定費に分けることにより、簡単に損益分岐点売上高(収支トントンとなる売上高)や損益分岐点比率(自社の売上高に対する損益分岐点売上高の比率)を知ることができます。

ちなみに、ここで説明している変動費とは消耗品費や旅費交通費、通信費などの毎月どのくらい上がるか分からない変動のある経費。固定費とは、地代家賃をはじめとした毎月固定されて支出される経費のことを指します。

それでは、なぜ損益分岐点分析を行うことが、企業にとって良いのかということですが、損益分岐点分析が、企業の現実的な目標の設定において重要だからです。

損益分岐点分析を行うと、目標の利益を確保するために必要な売上高はいくらなのかという点や、事業継続に最低限必要な売上高はどのくらいかという点を把握することができます。必要最低限の自己資金の準備が分かれば、どのように売り上げを立てていくか、創業計画書の作成にも役立つはずです。さらに売り上げ目標を達成するには、それに応じた仕入れが発生することになりますから、事前に損益分岐点分析によって目標を設定することは、創業前の仕入れなどに関わる資金の準備にも繋がります。あとから資金はどうすれば良いのかと不安もなく、余裕をもって創業することができるという訳です。

さらに、損益分岐点分析が有効なのは創業時だけではありません。分析を行うことで収益改善のために、収入と支出のバランスはどうか、収入を上げるにはどのくらいが目安なのかと、何をすれば良いかが見えてきます。損益分岐点分析は、創業後の企業の舵取りにも活かすことができるのです。

企業の経営においては、過去の経験や業種平均をもとに「日商10万円」や「月5件受注」などと、分かりやすく数字を持ち出して売り上げ目標を立てることも重要かもしれません。しかし、そうした数字での目標設定は、必ずしも企業の実態に合ったものだとは限りません。起業によっては、必要となる売上高が違ってくることもあります。より現実に即した目標の設定をするためにも、ぜひ一度実際に分析してみてはいかがでしょうか。


事業の成功に役立つ情報をお届けする無料メールマガジン ≫≫≫ 「起業家応援マガジン」


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略