創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

「節約」

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

創業時の資金計画には、「節電」ならぬ「節約」の意識が重要です。
なぜなら、創業資金をできるだけ抑えられれば、余裕のある資金を万一の備えとして蓄えられるだけではなく、次の投資に向けた準備もしやすくなるからです。

創業時、自己資金で不足する資金は金融機関等から融資を受けなければなりません。融資の審査基準として重要になってくるのが創業計画書です。創業計画書には、財務分析や資金計画についてできるだけ明確に記入する必要があります。

起業に必要な資金には、創業準備段階で必要な資金と当面の経営に必要な運用資金の他、経営が安定するまでの生活に必要な資金が必要です。
運用資金は最低3ヶ月分、できれば6ヶ月分を準備しておく必要があるとよく言われますが、それくらい準備しておけば安心と考えるのは少し危険です。日々の事業活動では、売上から仕入れや経費を差し引いたものが利益となりますが、その利益から創業時の投資コストを回収していかなければなりません。つまり、この初期投資コストを回収するまでは、本当の意味での「利益」は生まれてこないと考えることができるからです。

当面の運用資金に余裕を持たせるためにも、初期投資に必要な資金はできるだけ節約しておきたいものです。しかし、何でもかんでもただ節約すればよいということではありません。資金を掛けるべきところにはしっかりと投資する必要があります。初期投資の節約は優先順位を考え、ポイントを絞っておこなっていくことが大切です。

初期投資にどのくらいの資金が必要かを計算するには、まず、起業に必要なものを詳細にリストアップしていきましょう。その中から、節約できる要素を洗い出していきます。例えば、飲食店であれば、厨房機器のすべてを新品で揃えるのではなく、一部を中古品やリースで対応することで初期投資を節約できます。また、HPや名刺の作成、店舗や事務所の内装など、すべてを外注して業者に任せるのではなく、自分の手でできる部分はできるだけ自分で行うようにすることもコストの削減につながります。

初期投資など、資金を節約する意識がないまま、安易に金融機関からの借り入れに頼ってしまうと、数年間はその返済負担に追われてしまう可能性が高くなります。そうなると資金繰りが苦しくなるだけではなく、新たな投資のチャンスを失うことにもなりかねません。

運営資金にできるだけ余裕を持たせるためにも、創業計画書を作成する前に、節約を意識して資金計画を見直してみてはいかがでしょうか。


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略