創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

共同経営

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

bsN934_akusyuwosurutebiz

事業の様々な局面で最終的な判断を下さなければならない経営者は、とても孤独な存在です。そのような孤独な経営者を常に支えてくれる存在がいると安心できると思いませんか?それが、共同経営者(ビジネスパートナー)です。

特に創業期においては、共に夢を語り、汗を流してくれる共同経営者がいればとても心強い存在です。それぞれのもつ知恵や経験をうまく活かし事業を大きくしていくのは勿論ですが、それ以前の創業する際においても共同経営者は大変頼れる存在となります。

創業融資においては、創業計画書の内容をしっかりと作ることも大切ですが、それと同じくらい重要視されるのが、自己資金の金額です。自己資金の金額と融資を受けることができる金額は比例します。共同経営者がいる場合は、それぞれの自己資金を新創業融資制度の自己資金にすることが可能であるため、それぞれの資金を出しあうことが可能です。ただし、共同経営者とともに出資した場合、個人事業というわけにはいきません。この場合には、会社設立を行い、共同経営者を役員とし、共に会社経営を行っていきましょう。

ただし、現実には共同経営がうまくいかないケースもあります。たいていの場合、責任と権限に関する問題で亀裂が生じます。

創業期においての問題としては、仲間同士で出資し会社設立したものの、誰がトップとして責任をもって会社を引っ張っていくのか決まっておらず、誰も会社を引っ張っていくことができなかったという例があります。このようなケースを回避するには、誰かが責任をもちトップとしてみんなを引っ張っていく覚悟をもつことができれば解決です。役員会議で常に話が纏まらないよう、責任と覚悟をもって引っ張っていく人を作りましょう。

うまく事業が成長した場合にも数年経つと問題が起こることがあります。お互いの想いや夢、さらにはそれぞれの身の回りに変化が起き、お互いの歯車がかみ合わなくなるということがあるのです。そのようなことを防ぎ、共同経営をうまくおこなっていくには、何年かごとに区切りをつけ、経営体制の見直し、更新などを行っていくと、それからも会社がうまく成長していくでしょう。

勿論、そのような問題が発生せず共同経営がうまくいくケースも多数ありますし、その後大きく成長した企業もたくさんあります。まずは、創業前にじっくりと夢・ビジョンを語り合い、お互いをしっかりと理解することから始めてみてはいかがでしょうか?

創業事例集などの創業のノウハウがつまった「創業資料」は  ≫≫≫  コチラ


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略