創業融資のご相談なら日本政策金融公庫 国民生活事業 ドリームゲートプラザ 運営:DREAM GATE

創業時に欠かせない、家族の理解

公開日:2013/10/31  最終更新日:2018/12/25

bsPAK26_yukitumorukarugamo20140208

創業時に考えてほしいことがあります。

「家族との対話」の重要性です。

人脈や自己資金が重要であることは当然のことながら、それに劣らないことがあります。それは「家族の理解」になります。

創業当初から何事も思い通り、絵に描いたように順風満帆にいけば、申し分ありませんが、なかなかそのとおりにいく企業は少ないものです。苦しい時期には、家族の協力は欠かせないもの。もしかすると、会社の経営を存続させるために、社長自身が所有するものを会社に貸し出したり譲渡したりする場面も出てくるかもしれません。さらには家族にまで影響が及んで、厳しい生活をしいるようになったり、なんらかのかたちでサポートを求めたりというかたちになるかもしれません。

創業するということは、いくつものチャンスをはらんではいますが、必ず成功するとは限らないものです。リスクがあるからこそ、家族間でしっかり今後のリスクや家族への負担の可能性についても十分に話し合っておくことが重要だと言えます。

また、会社が軌道に乗っても、忙しい時期というのは、経営者だからこそ会社に縛られて、十分に家庭に参加できないということもあるはずです。会社を経営することがどんなことなのか家族間で共有できていないということになると、すれ違いやケンカの原因にもなりかねません。会社の経営がうまくいったとしても、家族間に微妙な空気が流れているのであれば、それは自分が求めていたものとは違うものだと感じることもあるはずです。さらには、経営者だからこその悩みも企業を持つことで感じることもあるでしょう。そんなときにそっと寄り添ってくれる家族の存在は、自身を強くしてくれるものとなるはずです。

このように家族との対話は、創業するときはもちろんではありますが、やはり創業前から十分に行い、「家族の理解」を得ているが重要だと思います。自分で一から創業計画を立てようとすると、独りよがりになってしまう部分も多少は出てくるかもしれませんし、夢だけが先走って、現実的に難しいものになってしまうかもしれません。経営者といえども完璧ではないからです。

家族と対話する上では、創業前に創業計画書を共有して意見を聞いてみるというのもひとつかもしれませんね。自分の夢や想いを家族に伝えることで、思いがけないアドバイスやヒントをもらえるきっかけにかもしれません。

ビジネスプランに書くほどはありませんが、「家族の理解」というキーワードが成功の鍵を握っているのではないでしょうか。


カテゴリー

創業前に考えること
事例に学ぶ!創業成功の秘訣
融資に必須!創業計画書作成術
資金調達・資金繰りの手引き
事業に欠かせない35の秘訣
転ばぬ先の成長戦略