イベントトップに戻る

起業家密着! かばん持ちインターンシップ

起業フォーラムリポート

2005 年12月17日、インターンシップの締めくくりとなるイベント「起業フォーラム」が開催された。会場となった東京・丸の内の「コンファレンススクエア M+」には51名のインターン生が集合。さらに、インターン生を受け入れてくれた起業家の方々も参加し、イベントは大盛況! インターン生による起業家紹介や、インターンシップ後の活動報告、希望者による30秒プレゼンなどが行われた。起業の準備を着々と進めている人や、すでに 起業した人の生き生きとした表情を見て、参加者たちはアントレプレナーマインドを再び刺激されたに違いない。その後、起業家の方々との交流会、インターン 生からスタッフへの花束贈呈と続き、イベントの最後には起業家からインターン生代表に卒業証書が送られた。

インターン生による起業家紹介

濱田紗衣さん

「富田直人社長はカリスマ的な存在感があります。富田社長の『ベンチャー社長ブログ』はドリームゲートのブログランキングで3位の人気です! インターン シップ期間中、そのブログに私のことが書かれていて、とっても嬉しかったです! 何度もクリックしてしまいました」

(株)イノベーションの富田直人社長

「トップバッターでちょっとやりにくかったかもしれないけれど、元気があって良かったですね。私はウチの社員にも、30秒や1分、1時間…と様々な制限時間を設けてプレゼンさせているんです。皆さんもぜひ訓練してみてください」

工藤拓也くん

「片岡社長は仕事において2つのポリシーを持っています。一つは動揺しないこと。もう一つはユーモアを持つことです。そんな片岡社長が2006年2月に本を出します。『マインドマップ練習帳』です。皆さんぜひご購入ください!」

(株)ゆめみの片岡俊行社長

「インターンシップでは、工藤くんにこの本の製作・プロデュースをやってもらい、ずいぶん助かりました。おまけにこの場で宣伝活動までしてくれるなんて、素晴らしいゴーストライターですね(笑)」とジョークで会場を沸かせた。

堀泰輔くん

「イデアルスターは新しいモノづくりをしている会社です。原子内包フラーレンという、新しい物質を研究していて、これが様々な産業で活用されれば、何兆円もの利益が出るんです。日本の技術を変えようと頑張っている笠間社長です」

(株)イデアルスターの笠間泰彦社長

「人に紹介してもらうのは嬉しいですね。それも学生に紹介されるのは初めてです。日本人は技術を事業化するのが下手だけれど、私たちは原子内包フラーレン をうまく事業化して、仙台が原子内包フラーレンのメッカとなるよう頑張りたいと思っています。興味がある人はぜひ仙台に来てください。実物を見せてじっく り説明しますよ。私は54歳で起業しました。現在も本業の収入はゼロですが、今後は収入が見込めると確信しています。難しい仕事というのは、実は大切な仕 事なのです。大切だからこそ、必ず誰かが助けてくれたり、支えてくれるものです。みなさんも自信をもって挑戦してください」

丸田勝也くん

「宮田社長から教わったことはひとつ。『格好よくなければならない』ということです。これは私の心に残っています。社長のそばで、決断力が大事であること、トータルで見ることが必要なんだと痛感しました」

(株)クリエイティブシステムの宮田賢社長

「忙しくてあまり話せなかったけれど、私が一番大事に思っていることが伝わっていて嬉しい。融資交渉など決断力が問われる場に同席してもらいましたが、丸田くんにとってそれがいい経験になったようですね」

インターン生の活躍発表

インターンシップ後も引き続きプロジェクトに関わっている人、ビジネスプランを社長にプレゼンし採用された人、起業を実現した人が壇上で自分達の活動を報 告。「ガイアの夜明け」(テレビ東京)、読売新聞など、様々なメディアで取り上げられたインターンシップ生たちの姿もモニターで紹介された。

浅井友英くん(配属先:(株)AMAZING)

インターンシップ期間が3日間になってしまった浅井くん。しかし、後日出席したあるパーティーで月城朗社長と再会。その場でリニューアルオープンする店舗 「アメイジングワールド稲沢店」の立ち上げを任されることに。浅井くんが担当したのはリピーター獲得の新規企画。この店舗を黒字にしたら社長がアメリカ旅行をプレゼントしてくれるとあって、大ハリキリ。

今泉潤くん(配属先:(有)メディアジャパン)

新規事業である「名駅経済新聞」の立ち上げを任された今泉くん。「名駅経済新聞」は名古屋駅周辺の旬のトピックスを発信するポータルサイト。そこに掲載す る記事を自ら書くことになったという。1週間で15本というノルマが与えられため、毎日足が棒になるまで歩き回ってネタ探し。最初は社長からボツをくらい まくるが、最終的には20本の記事にOKが出た。20本分の原稿料もいただき、大きな達成感を得た。

杉田知至くん(配属先:(有)クロスロード)

(株)ネクシィーズの近藤太香巳のラジオ番組でプレゼンした「ふらっとシェア」。就職活動やインターンシップで都市部に短期滞在する地方学生のために、 ルームシェアを斡旋する。地方学生はルームメイトとして迎え入れるのは、内定の決まった学生や社会人の先輩達。宿泊料が1泊3000円で、ルームシェアを する先輩から就職活動のアドバイスがもらえ、インターネットも借りられるのが強み。杉田くんは、㈱ネクシィーズ、㈲クロスロードなどの支援を受け、㈱バ リューシェアを設立した。

希望者による30秒プレゼンタイム

自らの活動をアピールしたり、支援者を募集したい人がプレゼンを行った。まずは秋間建人くん。「2006年4月にコーチングの資格を取る予定です。現在、クライアントを募集していますので、将来社長となる皆さん、よろしくお願いします!」
続いて、株式会社を設立した保手濱彰人くんも壇上に。
「創業メンバーを募集しています。一緒に夢を追いましょう!」
(株)ジェイブレインでインターンを継続する予定の大貫康高くんは、「修業社長に、地域密着のポータルサイトの事業プランを提案したいと思っています。皆さん、アドバイスよろしくお願いします」とアピールした。

かばん持ち挑戦者選抜大会 ~関東大会~

全国最大の選抜大会となった関東大会 来る9月18日。かばん持ち挑戦者大会の最終選考となる関東大会が開催された。192名の熱い挑戦者たちが、品川・MITSUBISHIダイヤモンドプラザに集合。会場は、朝から挑戦者たちの熱気に包まれた。インターンシップの座を獲得するために集まった...

≫詳細はこちら

かばん持ち挑戦者選抜大会 ~近畿大会~

笑いとパワーと強い思いが詰まった近畿大会 2005年9月10日。かばん持ち挑戦者選抜大会の中盤戦となる近畿大会が開催された。当日は70名の熱い挑戦者たちが、梅田・ヒルトンプラザ、ウエストオフィスタワーに集結。残念ながら会場がわからず、最初から苦労する学生も多かったものの、数多...

≫詳細はこちら

かばん持ち挑戦者の合宿レポート

アントレプレナーマインドを学び、たくさんの仲間たちを得られた貴重な合宿体験 大学の夏休み最後となる9月21~23日、全国のかばん持ち挑戦者たちが東京・代々木オリンピックセンターに集合。より有意義なインターンシップ期間を過ごすために、アントレプレナーシップの醸成や、マナー研修、...

≫詳細はこちら

かばん持ち密着レポート-アルビレックス新潟-

選抜大会を勝ち抜き、合宿でアントレプレナーマインドからビジネスマナーまで学んだ選抜者たち。その本番の時がいよいよやってきた!実際に起業家を前にして、緊張の連続だった学生たちも多く、その偉大さをあらためて実感しているようだ。社長たちは忙しい中、クライアントとの打ち合わせや社内......

≫詳細はこちら

かばん持ち密着レポート-GMOインターネット(株)-

いよいよ本番となった起業家かばん持ちインターンシップ。117名の学生たちが、日本各地で社長たちに密着し、日々、新しい発見や感動を体験している。「社会人を甘くみていた」「自分の力不足を痛切に感じた」など、学生たちからは苦しいコメントがあがっているのも事実。それでも彼らは歯を食...

≫詳細はこちら

社長プレゼンレポート1

株式会社フューチャーリンクネットワークの打ち合わせスペースで、プレゼン用の資料を入念に確認する安武菜穂子さん。「昨夜は遅くまでパワーポイントや企画書を作り直していました。石井社長にプレゼンするのは初めてだし、今すごく緊張してます…」しばらくすると、大阪出張から戻った石井丈晴...

≫詳細はこちら

社長プレゼンレポート2

 今回、墨君に与えられたテーマは、同社主力商品の一つ総合顧客管理システム「Synergy!」が、中国市場でどれだけ売れるのか、またどうすれば売れるようになるか調べよというもの。  今、中国マーケットは同社一番の関心事で、今後の必須重要テーマだ。墨君は、まずCRMの基礎や商...

≫詳細はこちら

起業フォーラムリポート

2005年12月17日、インターンシップの締めくくりとなるイベント「起業フォーラム」が開催された。会場となった東京・丸の内の「コンファレンススクエアM+」には51名のインターン生が集合。さらに、インターン生を受け入れてくれた起業家の方々も参加し、イベントは大盛況!インターン...

≫詳細はこちら