イベントトップに戻る

大挑戦者祭2007 レポート

開催日:2007年3月11日  会場:東京・赤坂プリンスホテル

「IT」 -業界先駆者が考える、5年後のネットコンテンツの在り方とは

最もベンチャーに近いところに位置するIT業界。
そのトップを走るパネラーたちの言葉は、ITで起業を目指す者のみならず、全ての明日の起業家にヒントを与えてくれるはずだ。

WEB2.0の示す方向とその可能性とは?


現在のIT業界を語る上で最も強力なキーワードであるWEB2.0。しかしWEB2.0というのは統合概念であり、100人いれば100通りのWEB2.0が存在する。
IT業界のトップを走るパネラーたちの考えるWEB2.0とはどのようなものなのだろうか。

内藤:当初のコンテンツやサービスというのは、インターネット以外のところでも可能だったものを、インターネットでもできるようにしたというもの だったと思うんですよ。でも、ここ最近のサービスの特徴はインターネットだからこそ、というのが多くなってまして、WEB2.0がどうのというよりも、 やっとインターネットの可能性を使ったサービスが生まれてきたという状況なのではないかと思いますね。

吉松:WEB2.0が出てくる前と出てきた後で何が変わったかというと実は何も変わってないんですね。僕の中では、本質的にインターネットで目指し てることというのは10年前と変わってないですね。ただインターネットサービスを立ち上げるコストは劇的に安くなって、参加者が増えた、それは大きな現象 のひとつじゃないかなと思っています。

井芹:@コスメは、WEB2.0っていうキーワードが生まれる前からやっていたんですよね。最初から双方向のコミュニケーションみたいなものを作るんだということで考えられてたんですか?

吉松:ユーザーの声をいかに価値化していくかということなので、99年に始めたときからRDBをぶらさげたサービスだったんです。商品のレビューをするためのマスターデータベースをユーザーがつくるというのも当初からやっています。

井芹:WEB2.0の技術の中には、データベースを参加したユーザーが入力してメンテナンスしていくっていう概念がありますよね。

吉松:コミュニケーションというのもありますが、いかに集合知化していくかとかが本質的な価値かなと。

杉本:最初にインターネットをつくった人は天才的な人だと思うんですけど、ネットワークを使って将来誰もがネットワークに参加して、自分を発信し始 めるというのをある程度予感して、それに対するヒントを当初からおいていたと思うんですよね。掲示板とか、有象無象のカオティックなモラルが欠落したみた いなカルチャーが出現して、それに対してSNSとかそれを制御できるようなものが生まれたりとか。安心してネットワークに参加するとか、安心して物を買え るとか、「安心」をひとつのキーワードにして、全員が簡便に参加できるようなパッケージング技術みたいなものが、生まれてくるんじゃないかなと。そういう 全員参加のフェイズっていうのがWEB2.0ってことなのかなと思います。

井芹:ティム・オライリーさんが、WEB2.0とは「参加のアーキテクチャーをつくることである」とおっしゃったんですね。杉本さんのところのサービスって、まさしくその参加のアーキテクチャーをつくられたので成功したんじゃないかなと思うんですが。

杉本:そうですね。ビジネスにおいて、わかりやすさっていうのは大切で、たとえば音楽をダウンロードするというアーキテクチャー自体はもともとイン ターネットにあったんですね。ただそれを携帯電話でダウンロードできるとか、あるいはSuicaにお金をダウンロードするとか、ダイレクトに便利さがわか る、そういうことがポピュラーになるきっかけだと思います。

Keyvan:インターネットは10年前、大学の関係者だけが利用するものでした。それが今は生活の中で、エンターテインメントの中で使う、これは 大きな変化です。WEB2.0ではロングテールということが言われていますが、ネットには限界がないというのがリアルな世界との大きな違いです。たとえば 最大のミュージックショップでも取り扱っている楽曲は2万5000曲程度です。しかしオンラインによる音楽ダウンロードなら200万曲を提供できます。

インターネットの歴史の中で初めてクローズドのモデルとなったSNS

国内最大の会員数を誇るmixiをはじめとして、一大ムーブメントとなりつつあるSNS。
直近の調査では3人に1人、10代では2人1人が使っているという。新しいコミュニケーションのスタイルであるSNSの可能性について話はおよんだ。

内藤:SNSは基本シェアリングサービスだと思っていまして、たとえば僕と吉松さんが繋がってもそこで何を共有するかということが大切だと思うんですね。 SNSって線路の上で通っていきやすいものは、大きく分けるとエンターテインメント系か便利系かで、エンターテインメント系でいうと音楽とか動画とかゲー ムとか、こういったコンテンツがシェアされていくことが増えていくだろうなと思います。
便利系なところでいうと価格の情報だったり、クチコミだったり。なので、今までは友人と繋がりたいというネットワークだったと思うんですけど、今後ずっと使われ続けるネットワークであり続けるために、何がその上で流通されるのかというところが大切じゃないかなと。

杉本:もともと日記っていうのは大事にしまっておくものだったと思うんですよね。それがSNSによって、人に向けて書く日記にキャラクターを変えて いった。他人の目を意識して書いているので、本当に内省的な心の声がそこに記されているのかどうかっていうのはマーケティング上、非常に大事になってきま すね。要はそれに対する目利きっていうんですかね、そこに意図したものはないかとか、あざとい狙いはないか、とかいったことをどれだけ排除できるかってい うのが、マーケッターの立場からは非常に大事で、誰かが保証するっていうのが今後、クチコミに求められていく重要さだと思うんですね。

吉松:@cosmeはコミュニティサイトですけどコミュニケーションサイトじゃないんですね。コミュニケーションは徹底的に排除してるんです。コ ミュニケーションが発生すると、one to oneの誰かに対しての発言になるので、To allでシェアできるナレッジにならないっていうのが僕の持論なんで。杉本さん、内藤さんの話とかをうかがって僕が思ったのは、実はインターネットって ずっとオープン、シェアできたんですけど、SNSで初めてクローズドになってきたんですよね。インターネットの歴史の中で初めて「クローズド」っていう キーワードでビジネスがでてきたなと。そうすると今後のひとつの可能性としては家族とか同窓会とかというクローズドのコミュニティビジネスが出てくるかも しれないし、いろんな単位っていう範囲で考えると一気にビジネスの考えるフレームが変わったなっていうのが僕の考えるSNSの可能性ですね。

WEB2.0時代のビジネスモデルとマーケティング

WEB2.0を語る上でCGM(Consumer Generated Media)は外せない。ビジネスのマーケティングとしても注目されているCGMについて、賛否をきいた。

吉松:結論としていうと成功しているところってまだどこもないのかなと思いますね。
私たちは、現在売り上げが20億円くらいになりました。ただ化粧品業界のマーケティング費って3400億円あるんですね。そうすると1パーセントにもい たっていないと。実はインターネットの業界ではうまくいっているけど、他と比較するとうまくいっていないのかなと思っています。
CGMってことでいったときに、そこに発生するユーザーのトラフィックが価値になるのか、それとも書いてる内容自体が価値なのか。

杉本:私はSNSはどっかで自己矛盾を抱えるんじゃないかなと予感しているんですね。
結局、広告が入るっていうのは、たくさんの人がそこにアクセスしないといけない。人がばーっと参加していて、わかりやすい内容で玉石混合の情報が流れてい る、そういう新宿の街みたいなところに、広告は一番入るのであって、ごく一部のセレブだけが参加するようなホテルの中みたいなところには広告が出ていな い。そういった意味では、wikipediaはユニバーサルでみんなが参加しながら、なかなかの体裁を保っているのではないだろうかと。かつあそこには目 立った広告が入ってない、広告モデルではない、というところもまさにWEB2.0のひとつの表現の在り方なのかなと思ってまして、ただ表現してそのままで いいってwikipediaの関係者が思ってるとも思えないので、Googleのように最初は慈善事業にみえても、新たなビジネスとしてのバリューを持ち えるのはこれからで、いろいろ面白い会社が出てくるのかなと思います。

検索型広告配信システムというのは非常に強力なソリューションであり、極端な話、これが1コあればいいじゃないかという人もいる。しかしケイヴァン 氏がやっているようなマルチメディア検索においては全然新しいソリューションがあるのか? あるいは、ネットリサーチという全く新しい価値を作り出して、 収益を上げられている杉本氏のように、広告以外のビジネスというものが考えられるのか?
井芹氏はパネラーに質問を投げかけた。

内藤:テレビにCMがあるように、メディアに適した広告っていうのは絶対必要で、CGMって中でいうとまだそういう発明が出てきてないのかなと。一 方でアメリカですと、広告のマーケットプレイスみたいなもの、広告のスペースを売りに出してそこを買う人がいると。そういった形がこれから増えていくので はないかなと思います。

杉本:もしネットで新しい広告のビジネスを創造できるんだとしたら2つのポイントがあると思っていて、ひとつは広告の効果、出稿した企業に対して提 供できるっていうこれはあの、ホントにタブーな部分なんですけど、それがひとつ。もうひとつはワンストップ。ネットであれば、そこでぱぱっとクレジット カード入れて、もう購入手続きまでワンストップできるわけです。

「今日のディスカッションの結論を出すつもりはない」と最後に井芹氏は言った。しかしWEB2.0という新しいステージへと上ったばかりのIT業界にはまだまだビジネスチャンスへののりしろがある。さまざまなキーワードから何か見えてくるものがあるはずだ。


プロフィール

株式会社アイスタイル
代表取締役兼CEO 吉松徹郎氏

1996年東京理科大学基礎工学部卒業後、「アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)」入社。
1999年、国内最大の化粧品クチコミサイト「@cosme」開設、株式会社アイスタイル代表取締役就任。

株式会社ドリコム
代表取締役 内藤裕紀氏

2001年、京都大学在学中に有限会社ドリコム設立。2003年3月、株式会社へ組織変更、代表取締役就任。2005年1月、株式会社ドリコムテック代表 取締役就任。2006年2月、株式会社ドリコム東証マザーズ上場。2006年5月、株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア代表取締役就任。

株式会社マクロミル
取締役ファウンダー 杉本哲哉氏

1992年株式会社リクルート入社。インターネットを活用したネットリサーチを考案し、2000年1月、株式会社マクロミルを設立、代表取締役社長CEO就任。
2004年1月、東証マザーズ、翌2005年4月に東証一部上場。2005年9月、代表取締役会長CEOに就任。2006年9月、取締役ファウンダー就任。

Melodis Corporation
Co-Founder & Chief Executive Officer
Keyvan Mohajer氏

鼻歌での着メロ検索を開発。Melodisの最高経営責任者、技術開発責任者。
Melodis設立以前は、アメリカとカナダで20以上のテクノロジー会社の設立に参加。スタンフォード大学で電子工学のマスター・博士号を取得。
トロント大学で電子工学の理学士取得。

コーディネーター
株式会社インプレスR&D
代表取締役社長 井芹昌信氏

株式会社アスキー出版(現 株式会社アスキー)を経て、1992年 株式会社インプレス設立に参加、取締役。1999年 同社取締役副社長。インターネット黎明期に、日本初の本格的商業ネットメディア「INTERNET Watch」などをプロデュース。2006年 株式会社インプレスR&D設立、代表取締役。

前のページに戻る


ビジネスプランコンテスト DREAM GATE GRAND PRIX ファイナル

ゲスト審査員
Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
グローバル カタリスト パートナーズ工学博士
マネージング・プリンシパル 兼 共同創設者 大澤弘治氏
(株)サキコーポレーション 代表取締役社長 秋山咲恵氏
(株)サンブリッジ 代表取締役会長兼 グループCEO アレン マイナー氏
GMOインターネット(株) 代表取締役会長兼社長 熊谷正寿氏
タリーズコーヒージャパン(株) 代表取締役社長兼 チーフバリスタ 松田公太氏
(株)ホリプロ 代表取締役副会長 堀 一貴氏

DREAM GATE GRAND PRIX 2007 全国9エリア代表者決定戦
北海道エリア 東北エリア 関東エリア 中部エリア 近畿エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア 沖縄エリア

メインステージ

オープニングサプライズ Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
「基調講演」志あるところに成功あり~世界標準へのあくなき挑戦~ (株)エイチ・アイ・エス 取締役会長 澤田 秀雄氏
海外起業家講演 百度 Chief Executive Officer Chairman Robin Li氏
「スペシャルステージ」 - 夢持ち続け日々精進 (株)ジャパネットたかた 代表取締役 高田 明氏

カンファレンスステージ

「食品」 - 食品自給率40%!日本の食の未来を守る
オイシックス株式会社 高島宏平氏
株式会社食文化 荻原章史氏
株式会社ひびき 日疋好春氏
株式会社リバネス 丸幸弘氏
コーディネーター:株式会社ユーグレナ 出雲充氏
「ファッション」 - 多様化する未来のファッションを創る  株式会社アパレルウェブ 千金楽健司氏
株式会社カフェグローブ・ドットコム 矢野貴久子氏
Codio Inc. 丁基子氏
株式会社ヘルメット 植松晃士氏
コーディネーター:株式会社ニューゲージ 如月音流氏
「広告」 -次世代広告に見る新しいコミュニケーション方法とは  株式会社RSS広告社 田中弦氏
サーチテリア株式会社 中橋義博氏
株式会社NIKKO 加藤順彦氏
バリューコマース株式会社 ティム・ウィリアムズ氏
コーディネーター:シーネットネットワークスジャパン株式会社 西田隆一氏
「金融」 - 金融大競争時代の金融イノベーションとは  グローバル カタリスト パートナーズ/工学博士 大澤弘治氏
ネットマイル株式会社 水野千秋氏
リスクモンスター株式会社 菅野健一氏
マネックス証券株式会社 松本 大氏
コーディネーター:株式会社フィナンシャル 木村 剛氏
「不動産」 - アントレプレナーが未来都市を創る
株式会社エスグラントコーポレーション 杉本宏之氏
株式会社企画ビルディング 宮本正好氏
株式会社リーテック 平松克敏氏
株式会社パシフィカ・モールズ セス・サルキン氏
コーディネーター:アールプロジェクト株式会社 永井好明氏
「エンターテイメント」 -多様化するエンターテイメントビジネスの可能性
株式会社インディソフトウェア 野津幸治氏
株式会社エンタク 左舘経明氏
株式会社GDH 石川真一郎氏
株式会社トルネード・フィルム 叶井俊太郎氏
コーディネーター:株式会社カフェグルーヴ 浜田寿人氏
「IT」 -業界先駆者が考える、5年後のネットコンテンツの在り方とは
株式会社アイスタイル 吉松徹郎氏
株式会社ドリコム 内藤裕紀氏
株式会社マクロミル 杉本哲哉氏
Melodis Corporation Keyvan Mohajer氏
コーディネーター:株式会社インプレスR&D 井芹昌信氏
「旅行」 - 旅行業界の新しい価値を生み出す
ロケットプレーン・キスラー社 チャールズ・ラワ氏
旅ウェブ株式会社 肥後愛樹氏
株式会社ビィー・フリーソフト 綿引隆一氏
フォートラベル株式会社 津田全泰氏
コーディネーター:株式会社リクルート エイビーロード・リサーチ・センター 稲垣昌宏氏
「教育」 - 起業家が子供を変えて、世界を変える。アントレプレナー流子供教育・労働教育
株式会社キッズシティージャパン 住谷栄之資
デジタルハリウッド株式会社 藤本真佐氏
デジット株式会社 舩川治郎氏
株式会社ネクシィーズ 近藤太香巳氏
コーディネーター:慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー 牧 兼充氏
「環境」 - 環境をビジネスにした新たな価値
株式会社イースクエア ピーターD.ピーダーセン氏
株式会社サティスファクトリーインターナショナル 小松武司氏
株式会社省電舎 中村健治氏
NPO法人北海道グリーンファンド 鈴木享氏
コーディネーター:株式会社リサイクルワン 木南陽介氏
「サービス」 - サービス精神が世界の人々を豊かにする
株式会社バルニバービ 佐藤裕久氏
株式会社Huge 新川義弘氏
株式会社ワンダーテーブル 林祥隆氏
株式会社SEED-TANK 古里太志氏
コーディネーター:株式会社セレブレイン 高城幸司氏
「モバイル」 - 未来のモバイルビジネスによって、人類のコミュニケーション方法を変えていく
KLab株式会社 真田哲弥氏
株式会社ドワンゴ 川上量生氏
株式会社NAVIBLOG マンダリ・カレシー氏
コーディネーター:モバイル・コンテンツ・フォーラム 岸原孝昌氏